忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/28 16:02 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
白タルさんの /hurray
私がやや遅めの時間にログインをすると、
先日日記に書いた「レイズを目前に控えた白タルさん」もログインなさっていました。
早速レベル上げに行こうという事に相成りました。

前回のレベル上げの終わりに、
「次はカザムパスのカギ取りをしながらレベル上げしようね」と話をしていたので、
そのように出来れば良かったのですけれどね。
あいにく時間的に厳しい事もあって、今回はとにかくレベル25にする事を目標に、
ブブリムの魚を狩る事になりました。場所はエリアに近いビビキー側の海岸です。
ちょうどバストゥークには忍者さんもいたので、お誘いしてマウラで合流。

三人でのレベル上げは順調そのもの。
白タルさんも先日覚えた連携からのマジックバーストを使ってとどめをさしながら、
少しずつレベル25に近づいていました。

そして、まず私がレベルアップ!
その直後の戦闘でとうとう白タルさんも念願の25になりました。
とうとうレイズ。
ようやくインビジ。
まさか今日レベルアップするとは思っていらっしゃらなかったのでしょう。
白タルさんはスクロールは用意していらっしゃいませんでした。
それに、少し前に装備品をいくつか新調したばかりで、
「魔法を買うお金があまり残ってない」という事をちらっと聞いていたのです。

そんな事もあろうかと・・・
そっと白タルさんにトレードを申し込みました。
トレード欄に置いたのはレイズのスクロール。
私がセルビナからマウラに来る際にこっそり買っておいたものでした。
たまたまこの日は白タルさんの別のお祝い事も重なっていたので、
ちょっとしたプレゼントです。
「悪いなぁ」と言いながら、早速そのスクロールを使ってレイズを覚えて下さいました。
そして、

とうとう25になりました

/hurray!

インビジは敵が落とすし、競売でもレイズよりは安く手に入るでしょうから、
頑張って手に入れてね!

さて、レイズを覚えた白タルさんを得た忍者さんと私はすっかり気が大きくなります。
とりわけ忍者さんは自分が初レイズをもらおうと例のアレを駆使することになりました。

「微塵してくるー」と行って忍者さんは魚に殴りかかりに行き、
私は傍観者となっていたのですが、一人頑張る忍者さんに白タルさん思わず手助けを・・・。
これは、ちゃんと戦わないと!って事で慌てて私も戦闘に加わります。
ですが、ちょうどこの時、近くには Bogy がふわふわと漂っていたのです。

HPが黄色になったのを見て、猛烈な勢いで近づいてくる Bogy。
せっかく白タルさんのレベルが上がった所でこれは大ピンチ!

「エリアして」と私。
忍者さんはその場で微塵するつもりで敵をひきつけてくれています。
その間に白タルさんを安全なところに・・・。
でも白タルさんとしてはなんとかしようと懸命に忍者さんを回復しています。
「ビビキーにエリアしてー」と再度促す私。

白タルさんと私は殴られながらではありましたが、エリアチェンジすることが出来ました。
ふぅー良かった〜。

ブブリムに戻ると、忍者さんが水面から微妙に顔を出して倒れていました。
最初は単に微塵してレイズをもらうつもりが、
一気にピンチを迎えるような事態になっちゃいましたけど、
でも、結果的に忍者さんが微塵してレイズをもらう事にはかわりない訳なので、
結果オーライって事にしておきましょう!

いよいよ初レイズです。

初レイズ詠唱〜

これまで覚えた魔法よりも長めの詠唱時間をかけて白タルさんがレイズを唱えます。

それを黙って見つめる忍者さんや私。
ここまで長かったよね。

本当におめでとー!

本当におめでとう!

この後、忍者さんもレベルを一つ上げたところで本日のレベル上げは終了。
「これで行き倒れた人も助けられる」と白タルさんも嬉しそうでした。
なにより、久しぶりに白タルさんの/hurrayが見られた事が私は嬉しかったな。
PR

2007/03/14 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-アクティブ!
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。