忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2016/09/25 10:57 | Comments(-) | TrackBack(-) |
やっと「青」に!
※ しばらくお休みをしていた間の出来事です。

白魔道士のレベルが75になってからもう一年以上になるのですが、
いまだに回復魔法スキルが青字になっていませんでした。

75になる以前から回復魔法スキルが追いついて来ていないことは
スキル上げ好きとしてはとても気になっていたのですが、
何せ「回復魔法スキルって具体的にどういう効果があるの?」というくらい
不遇な扱いのスキルということもあり、
「使っていればそのうち上がるだろう」なんてたかをくくっていたのです。

ある日はパーティでケアルー。
またある日はビシージで死者の軍団にケアル。
もちろんNPCにもケアルケアル・・・。
アンデッドにもケアルしますよー。

なんとか270までは持ってきましたが、あと「6」がなかなかあがりません。

上記の中で、個人的に一番上がりやすいと感じるのは
死者の軍団に対するケアルだったのですが、
それでも一回のビシージで0.3~0.5くらい上がれば「おおー」となるくらい。
フレンドさんは「2くらい上がった!」なんて話しているのですが。

そこで、意識して回復スキル上げに行かなければと考え、
以前に固定パーティの方から「僕はこれで回復スキルを青にしました」と
教えて頂いた敵を求めてカダーバの浮沼に行く事にしました。

せっかくなので、私以上に回復魔法&神聖魔法スキルを上げるのに
苦労しているタルフレと、武器スキル上げをがんばっているエルさんに
「盾役も兼ねて是非!」とお願いして行ってきました。
PR

2009/08/25 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-まったり
最後の闇王
一時帰国のはずだったサンドリアに、思いのほか長く居座ってしまい
ウィンダスミッションから遠ざかっていたのですが、
私のパソコンが復活した&珍しくウィンダスがコンクエ3位だったことを受けて帰国。

早速、闇王との戦いに向かう事にしたのでした。

これまで、サンドリア、バストゥークとミッションを経験してきましたが、
自身のミッションとして闇王と向き合えるのはついに最後。
自分が闇王を倒してきた時のことを振り返ると懐かしいですね。

バストゥークの「ザルカバードに眠る真実」、
サンドリアの「闇の王を討て! 」といった、ミッションの中身が伺えるような
タイトルに比べると、ウィンダスの「最果てにて君を待つ闇」はどこか抽象的で
独特な感じがするなぁと今さらながらに思いました。

ミッションのタイトルをよくよく見てみると、
サンドリアは「コウモリ退治」や「ダボイ調査報告」「廃墟フェ・イン」と
比較的何をするか明確なタイトルが多いですね。
ウィンダスは「カーディアンの心」「それぞれの正義」「新たなる旅立ち」など
タイトルからどういうストーリーなんだろうと想像させるようなものが多い気がします。
バストゥークはその二つの要素が微妙に絡まりあっていますね。

話を戻して、最後の闇王は当初、エルさんとタルフレの三人でレベルを上げている
忍・シ・黒の三人で向かう予定になっていました。
でもこれらのジョブは既に60代後半のレベルとなっていて、
闇王をクリアするにはちょっとレベルが上がりすぎた感じなのです。

レア「忍・シ・黒だとちょっとこっちが強いかもねぇ」
タル「赤なんてどうだろう」
レア「赤・赤・忍?」
タル「赤・赤・白」

「白」はもちろんエルさん。
この時の赤は62なのでまぁ良いとしても、エルさんのレベルは・・・なんと49!

レア「エルさん、闇王白でいってみようか」
エル「えええええ!?」

そりゃ驚くよね・・・うん。

驚きのわりには意外にあっさり覚悟を決めたエルさん。
ミッション当日はそそくさと白に着替えてくれました。

2009/08/24 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-三国ミッション
ウィンM5-1「最後の護符」
実際はブログの更新を休んでいる最中の出来事なのですが、
ウィンダスM5-1「最後の護符」をクリアしてきました。

ここはほぼ三国共通の内容で、フェ・インにいる敵と戦うことになります。
タルフレ、エル戦さん、そして私の三人だけではまだ挑戦した事がない
BF戦という事もあり、三人で向かってみようという事になりました。

プレイヤーがかなり強化された今となっても、
このBFはレベル制限もありますし、また雑魚敵が無限にわくという仕様もあって、
少人数でクリアするには少々分が悪い戦いになるのではないかと思います。
そういう意味ではちょっと楽しみ!

構成は、三人でレベル上げをしている忍者(エル)・シーフ(タル)・黒(私)で。

敵は
Archlich Taber'quoan (ボス) ←最低限これだけを倒せばクリア!
Ancient Sorcerer (お供)2体
Ancient Warrior (雑魚)最大4体

最初にとった作戦は、王道ともいえる「雑魚は無視してボスのみを集中」というもの。
その為、シーフのタルフレには短剣よりも格闘武器を用意してもらい
戦闘に臨みました・・・が、あえなく敗北。敗因はお供と雑魚の処理の仕方でした。

ボス以外は無視という作戦が前提だった為に、HPが黄色になるとその人に攻撃が集中。
雑魚の攻撃に関してはかなりの割合で避けることが出来るのですが、
お供のガ系が意外に厄介。サイレスも入れるのですが、追いつかないことも。
途中からは雑魚も私が魔法で処理するようにしましたが、
MPをある程度温存したくてちょっと魔法をケチると集中砲火。
どうやら私達には合わない作戦を選んでしまったようです。

2009/08/16 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-三国ミッション
ひさびさに。
随分長い間更新のお休みをいただいていました。

更新停止状態にも関わらず、様子を見に来てくださっていた方、
本当にありがとうございます。
また、突然だった事もあり、何かあったのでは?と心配して頂いた方、
申し訳ございませんでした。

この数ヶ月の間、仕事が忙しくなって
更新時間が取れなくなった事を皮切りに、体調を崩してしまったり、
挙句の果てにはパソコンの調子まで悪くなって修理行き・・・・・・といった事が相次ぎ、
ログイン時間も大幅に低下、
ブログを更新するモチベーションも減退してしまっていました。
そこで思い切ってどーんとお休みをしていました。

しばらくはゆっくりペースでまた更新させていただきますので、
たまーに覗きに来て下さるくらいでOKです!

更新停止をしていた間、14の発表があったり、
ドラゴンクエスト9の発売があったり。
FF11の中でも色んなイベントやバージョンアップがあったみたいで、
実はまだ私自身が浦島状態だったりします。
色々と覗き見ながらまた書いていけるといいなぁと思います。

よろしくお願いします。

2009/08/13 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | その他
バージョンアップのこと
著しく更新が遅れている当ブログですが、
ようやくバージョンアップ後の出来事などを書けるようになりそうです。

さて、バージョンアップ後、私の持ちジョブで大きく関わりそうなのは
白の大幅な追加要素でした。
正直なところ、公式の情報を読んでもちんぷんかんぷん。
これは実際に使ってみて覚えるしかないと言い聞かせていました。

「石の見る夢」オープニングより

とりあえず石の見る夢のオープニングを見て、
モンガーのマーブルが沢山たまっていたエルさんの
炭鉱スタイル(スペランカーヘルム+ケイバーショベル)&
ピコピコハンマー(クラブハンマー)などを見て満足。
その後、まさか獲得マーブルが激減していたとは知らず一気に交換したエルさん。

2009/04/09 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-その他

| HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。