忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2019/07/16 07:44 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
私の足跡〜アラゴーニュ地方〜
■これまでの足跡
1. 私の足跡〜ロンフォール地方〜 (東ロンフォール→西ロンフォール→)
2. 私の足跡〜ザルクヘイム・その1〜 (バルクルム砂丘→ラテーヌ高原→)
3. 私の足跡〜ザルクヘイム・その2〜 (コンシュタット高地→)
4. 私の足跡〜グスタベルグ地方〜 (南グスタベルグ→北グスタベルグ→)
5. 私の足跡〜サルタバルタ地方〜 (東サルタバルタ→西サルタバルタ→)
6. 私の足跡〜コルシュシュ地方〜 (タロンギ大峡谷→ブブリム半島→)
7. 私の足跡〜ノルバレン・その1〜 (ジャグナー森林→)
8. 私の足跡〜デルフラント地方〜(ロランベリー耕地→パシュハウ沼→)


■メリファト山地
(描かれているのはドロガロガの背骨)

メリファト山地・石碑

赤茶けた大地を走る。ただひたすらに。
少しずつ遠くの空に何か造形物が浮かんでいるように見えて来た。
近寄っていくと、それは徐々にこのメリファト山地を横断するように
橋渡しをしている事に気が付く。
「ドロガロガの背骨」と呼ばれるものだ。
近くに行けば行くほど、その大きさに圧倒されてしまう。
今にも崩れてしまうのではないかと不安に思いながらも、
背骨の下をくぐりそれを見上げる。
その時思ったのだ。
ヴァナ・ディールは一つの大きな生物だったのではないか・・・と。


■ソロムグ原野
(描かれているのは剣と盾?)

ソロムグ原野・石碑

この地に初めて足を踏み入れた時、私はこの地が「灰」で出来ている気がした。
所々に立ち並ぶ建物と、それが崩れ落ちた跡。
海が見える場所へと向かって行くと見えてくる数々のクレーター。
この場所で、何があったのだろうか・・・。
歴史を知るべくエニッド・アイアンハートが築いたという石碑を目指した。
石碑は一段高い場所にあり、近くにある造形物などを利用して
なんとかその場所へよじ登ろうとするものの手が届かなかった。
私にはまだ早いと言われている様な気がした。

そんな私も今、この石碑の目の前に立つ事が出来るようになった。
また一つ世界が広がった。
PR

2006/09/10 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-私の足跡(石碑・終了)
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。