忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/23 17:46 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
満月も「月の導き」に引き寄せられ
満月の中、フェンリルに挑みます。今週の固定パーティでのメニューは「月の導き」。
いわゆる「フェンリル戦」です。
先週から準備をしていた分、とても楽しみにしていました。

フェンリルとの戦いはトライマライ水路の奥、
「満月の泉」にて繰り広げられます。
石の区の水路前で待っているとき、
ふと空を見上げると、そこには満月が。

フェンリルとの戦闘の日が満月にぶつかるなんて
なんて奇遇なんだろうとパーティの方ともお話していました。

ところが、満月繋がりはこれだけではなく、
実は現実世界でも13日は満月の日だったんですね。
それも今年最後!
単なる偶然かもしれないですが、
なかなかすごい事だなぁと思いました。

さて、いざトライマライ水路に入ろうとしたところ、一名入れない方が・・・。
石の区から入る為にはクエストをクリアしないと入れないのですが、
どうやらそのクエストが未クリアだったようなのです。
結局、ホルトト遺跡を経由して、トライマライ水路に入り、
満月の泉に向かう事になりました。
平謝りされるその方でしたが、ノープロブレム!
これは久々にあの仕掛けが見られるチャンスです。
ホルトト遺跡の仕掛け。いつ見てもいいですねー。

それはこれ。
ホルトト遺跡の三色魔道士をそろえて開く扉の仕掛けです。
この仕掛けはいつ見てもかっこいいなぁって思います。
まだレベルが低かった頃に、自分のジョブに反応して光る床を見て
大喜びでSSを撮っていた日のことを思い出します。

やはりここは色々と思い出す事があるのか、
忍者さんは白さんにかつて扉を開けてもらったことがあるとか、
ウィンダスの「間違いと過ち」で使う「魔法試験の答案の束」を取りにきた事や、
黒さんのAFクエで皆で来たよねーといった話をしながら移動。
あっという間に満月の泉に到着しました。

簡単にフェンリルが使う技を確認したら、イベントを見てフェンリル戦に突入です。

フェンリルとご対面。綺麗なところですね。

■ フェンリル戦

構成:
戦/忍、忍/戦、白/黒、黒/白、赤/白、モ/忍

敵:Fenrir Prime
ハウリングムーン ・・・ 範囲ダメージ(闇属性)
エクリプスバイト ・・・ 単体3回攻撃
クレセントファング ・・・ 単体ダメージ + 麻痺
ムーンリットチャージ ・・・ 単体ダメージ + 暗闇 + ノックバック
ルナーロア ・・・ 範囲全強化ディスペル(ただし、リレイズは消えません)
ルナークライ ・・・ 範囲命中率・回避率ダウン

上弦の唸り ・・・ 自身の能力値アップ
下弦の咆哮 ・・・ 自身の命中率・回避率アップ


とりあえず行ってみようという事で、特に作戦を立てずに突入。
フェンリルの初期位置から、入口方面に向かって忍者が釣ります。

戦闘は強化を消されたりと後衛さんが色々と気を使う場面が多く、
大変そうでしたが、前衛としてみると思っていたよりは弱いという印象でした。
ただし、蝉を消されたところで、もろにクレセントファングを受けてしまった人が、
500オーバーのダメージを受けたりしていましたので、例によって油断は禁物ですね。
一番警戒していたハウリングムーンでは、私自身600近いダメージを受けました。
あぶないあぶない。

本当に「これはピンチ!」という場面もなにもなく戦闘は終了。
今のようにレベル75のジョブを持つ人も多くなり、
且つ装備や食事など、色んな要素もあってプレイヤーが強化されていると、
さすがのフェンリルも立つ瀬なしと言ったところでしょうか。

フェンリル召喚!やったぁ!

そして、このあと「ナイトメアは?」と言った忍者さんの一言で、
私達はそのままディアボロスとの対決にも挑む事になったのです。
その戦いはフェンリルとはうって変わって激しいものとなったのでした。

PR

2008/12/13 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-攻略
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。