忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/25 09:15 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
一足早いカンストを見送って
何度かこの日記でも触れた事がありますが、FFXIに関しては復帰組の私。
最初に始めたときはレベルをカンストさせる事もなく、
またこれから色んな事が出来るのかなぁという時期でやめてしまいました。

なので、こうしてFFを再開したときには、古い知識ではあったものの、
本当の初心者さんよりは知識的なアドバンテージをもってこの地に降り立ちました。
当然、レベル上げの大変さもわかっていました。

ですが、再び降り立ったヴァナディールでは、
少しずつではありますが経験値に関する追加・修正が積み重ねられていきました。
気軽に「ミラテテ」のような経験値取得アイテムを手に入れる事が出来たり、
経験値ボーナスのつく指輪が戦績アイテムに加わったり、
シグネットの追加効果で少人数パーティにおける経験値にボーナスがついたりと、
私が知っていた頃よりは経験値稼ぎの面において緩和されてきており、
私自身もその恩恵を受けていました。

ですが、何より一番私が経験値を取得する上で欠かせなかったものがあります。
それが2005年7月に実装された「フェロー」でした。
フェローの事が発表された時、
「一緒に戦ってくれるNPC」という存在に大きな期待を抱きました。

実装から遅れること二ヶ月。私は念願のフェローを取得し、
当時、一番高いレベル40だったモンクで、フェローの育成を始めました。
呼び出し毎に変わる装備、フェローの会話、発生するクエスト・・・
それらが楽しかった事もあって、
私はその日から多くのレベル上げでフェローを活用してきました。
初期ではレベル30という設定のフェローと共に、
最初こそは私の方が高いレベルでレベル上げに連れ出していました。
一番レベルが高かったのがモンクでしたので、
相性が良さそうな「回復タイプ」にフェローを設定して呼び出しを繰り返していました。

でも、この「回復タイプ」ってちょっとおばかさんな所があるせいで、
なんとなく「攻撃タイプ」や「盾タイプ」の方が使いやすいかなぁと思い始めた頃、
私の白のレベルが徐々に上がってきて、レベル30になったのをきっかけに、
モンクで呼び出すよりも白で呼び出す機会が圧倒的に増えてきました。

懐かしい両手刀姿。りりしいです

この頃は両手刀のWSがかっこいいからと刀を装備させていたんですよね。
(後々、武器が高額になってきたので両手斧に転向しましたが)
攻撃力に乏しい白にとって、フェローの攻撃力は本当に一人の前衛を迎えたに等しく、
私の白はスクスクと育ち、気が付くとフェローのレベルに追いついていました。
黒魔道士のフレと共にレベル上げをする事が非常に多くなってからもフェローは大活躍。
非力な二人のダメージソース役としてかなり依存していたように思います。

ですが、現在の仕様では、レベル65でカンストしてしまうフェロー。
私自身のレベルも60を越えて、フレともフェローのカンストの話題が
ちょくちょく出るようになり、「なんとなく寂しい」という想いを抱いていました。
なにせ私もフレも、フェローと一緒にレベルアップしてきたようなものですから。

そして、とうとうフェローのレベルが64に。これからもヨロシクね!
フレと
「せめて70まで上げられたらいいのに」
「追加のクエストくるといいのに」と、
ちょっと実現不可能そうな事を願いながらも、
自分達のレベルは65になりました。
・・・これは、あと数回呼び出せば
フェローのレベルがカンストする事を意味します。

「今日もレベル上がらなかったね」
「まだ成長の余地がある」
「でも、あと少しって言い出した」
「私もー」

フェローに頻繁に話しかけては、
残りの必要経験値がどの程度なのか推察する私達。
先にカンストを迎えたのはフレのフェローでした。
「レアさんのもそろそろじゃない?」
「だね」
そして、数戦を戦い終えたあと、ヒーリングしようとした際に、
ついに私のフェローもレベルアップ。

最後のレベルアップ

カンストの瞬間はきちんとSSを撮ろうと思っていたのに、
座った状態での撮影になってしまいました。
こうして、とうとう最後のレベルアップを迎えてしまいました。
一緒に育ってきた〜という気持ちが強いせいか、実際にその時を迎えた今は
「これからレベルアップの楽しみがなくなるんだなぁ」と思ってしまうのですが、
ここは素直に一足早いフェローのカンストをお祝いしたいと思っています。

ラディールさん、おめでとう!

まだしばらくは白のレベル上げの時にもお世話になるだろうし、
これから上げたいジョブもあるので、再び低レベルのジョブで呼び出す機会も増えそうです。

それにしても、2005年9月にフェローを取得してからほぼ二年かぁ。
月日が経つのは早いものですね。
PR

2007/08/05 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-フェロー
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。