忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/24 04:23 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
インテリジェンスなカギ取り?
私のモンクアーティファクト(以下AF)を集めるのに
避けては通れないのが要塞での箱開けです。
以前、白魔道士のAF集めの際に要塞の箱開けは経験しているのですが、
正直な感想を言うと、あまり何度も経験したくはない類のものです。

何せ、ナイト、モンク、白、黒、赤、狩人、獣使いのAF(や小手)がこの要塞に競合しているのです。
それだけでなく、「魔防門」という大きな壁が立ちはだかりますので、
一人では気軽に行き辛いというのが一番の理由です。

それでも、これを越えなければAFは揃わない〜!という訳で、
とりあえずまだ取っていないカギを、
白AF取りで要塞のカギが必要なタルフレと一緒に取りに行く事にしました。

場所は入ってすぐの穴から落ちたところです

しかし、例によって二人の悪ドロップ運が炸裂してなかなか取れません。
一時間、二時間と経過していく時間。
「出ないねぇ」とおなじみの言葉を掛け合う私達。
私が内心「今日はそろそろ終わりかなぁ」と思いながら時間をみていると、
タルフレが五七調のリズムに乗せてボヤきはじめました。

「風クリは もういらないから カギを出せ」
「土クリも もういらないよ カギ出して」


確かに!と笑いながら、タルフレほどではないものの私もボヤいてみました。

「要塞の ウェポンがポンと カギ出さず」
「あとに来た 隣のあの人 もうデジョン」


タルフレも負けじ(?)と返してきます。
「ウェポンだけ 釣ってるつもりが カエルきた」
「レアさんが 暴れる前に キープリーズ」

暴れませんよ!?絶対に、うん。

他にも
「ポン→ポン→ポン ツボは避けるよ またポン→ポン」
「遠くまで 骨を釣りに出かけたら "こっちでウェポン わきました!"」
「ちょっとまて ツボの詠唱 止まらない」

単なる五七のリズムというだけで、適当な状態になっていったところで
ようやく一本目を落としてくれました。
ロット勝負でタルフレがこのカギを持っていったあとの一句。

「このままじゃ おいらはきっと 食われちゃう だからお願い あともう一本」
たーべーなーいーよー!!

ウェポンを中心に狩りました

さすがに長時間になっていましたので、「また今度にしよう」といって、
近くにいたウェポンだけ倒して終わる事になりました。
「こういう時って出るんだよね」 「うんうん。でもそんな簡単にいかないよね」
そう答えながらもどこかでジンクスに期待を込めていました。
・・・が、ちらりと見えた期待にドロップの女神は微笑まなかったのか、
残念ながらも手に入れる事は出来ませんでした。
(後日カギは取得しました。半ば予想していましたが、僅か三体倒したところで出ました。)

後半は半ば惰性で操作をしていたところもあったのですが、
タルフレの川柳(といっていいのかな?)からは、うまい表現になんとか切り返さないと!と、
頭も働かせながらカギ取りをする事が出来ました。

個人的に気に入ったタルフレの一句はコレ。
「カギ取った。コッファー発見!おや?開かない。カギにはきちんと「木箱のカギ」」
(実際に「木箱のカギ」を「宝箱のカギ」だと思い込んで大事にキープして、
宝箱をあけようとして失敗した事があるそうです。
曰く「あの時のむなしさと言ったら!」と力説されてしまいました。
お互いに気をつけましょう!)
PR

2007/08/07 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-まったり
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。