忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/22 11:44 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
Eco-Warrior〜退魔の報酬〜で得た笑顔
今日は白上げをしようとジュノに戻ってスタンバイ。
たまにはジュノで募集に入るのも良いかと思い、競売を覗いていると英語のshoutが響きました。

そのshoutが「Eco-Warriorサンドリア」つまり退魔の報酬〜サンドリア編の募集でした。
私は以前にもこのクエにチャレンジした事があったのですが見事に失敗。
早速募集主の方に参加希望の/tellを入れると、すぐにOKの返事が返ってきました。

shoutでも「○時から向かいます」という事を仰っていたのですが、
改めて/tellでも「南サンドリア酒場前に○時にお願いします」と丁寧な説明です。
安心してご一緒する事が出来ます。

集合時間の5分前に酒場前に着きました。既に待機している方々が。
まだ募集主さんがお見えでなかったので、そのままぼんやり待っていると登場。
そして集まったのはなんと8人!フルアラで行くと言われるのに少し少ないです。
その内の6人の方が外国人の方でした。

PTとアライアンスを編成しながら募集主さんが私達に謝ります。
ごめんなさい。ずっとshoutをしていたけれど集まりませんでした」と。
なんだかその英語を読んでいるだけで、彼がいかに落胆しているか伝わってくるような雰囲気・・・。

するとアラにいた一人が言いました。
「日本人は外国人を嫌っているからな」と。
「そんな事は絶対にない!」そう言い切れないだけにすごく切なかったです。
時間帯は確かに日本人が多く活動する時間帯でしたしね。

ですが、その言葉をはねつけたのは募集主さんでした。
「日本人の皆がそんな風に思っている訳じゃない。
現にこうして二人も日本人が参加してくれたじゃないか。
僕達同士でも気の合わない人間がいるんだから、
国や育った環境が違えば分かり合えない事もある。
日本人にも外国人にも良い面と悪い面があって、
気の合う人もいれば気の合わない人もいるだけだ。」と言ってくれたのです。
そして、「これ以上そんな風なら僕のPTには必要ないからキックします。
彼女達に謝罪して下さい。」とまで言ってくれたのです。
そして「決め付けだった、ごめんなさい」と謝ってくださいました。

募集主さん、かっこ良すぎです。そんな風に言ってもらえて嬉しかった。

ちょうどその時、もう一人の日本人の方から私にtellが入りました。
「このクエ絶対に成功させたいですね」
「そうですね^^」
「私達が募集してみるのはどうでしょう」
「あ!それいいですね!提案してみましょう」

彼女が提案を始めます。そして受け入れられて、二人で募集する事にしました。
ジュノとは異なりサンドでの募集ですから割と簡単に集まると思いましたが、
なかなか甘くはありません。でも、募集主さんの心意気に応えたいと思いました。

彼女が港で、私は南サンドで募集します。
LSなどで週末にこういったクエをする方が多いせいでしょうか、人が集まらない中で、
まず/tellをくれたのは白・戦のコンビの方でした。
それも
「よろしかったらゴブ掃除のお手伝いなら出来ますよ」と・・・もちろん日本人の方です。
そのお申し出に募集主さんも大喜び。

私達が募集している間も色々とありましたが、
最終的に13人+お手伝いさん2人が酒場前に集いました。

募集主さんからの簡単なクエの説明があり、
中での行動の指示・確認などが丁寧に示され、
初めて参加した方でも安心してついていけたのではないかと思います。
前衛さんが5名に後衛が8名となかなか良いバランスでしたしね。

ゴソゴソ・・・


オルデール鍾乳洞へ向かい、いよいよLV制限を受けます。
お手伝いさん二人は先行してゴブの掃除。
すごい!なんてスムーズに進めるんでしょう。
途中でコウモリに絡まれる方はいましたが、それは皆でボコボコに。

いよいよNecroplasmを湧かせます。
募集主さん「多いとは言えない人数ですので、皆さん全力で戦いましょう。」
他「おー!」

盾役の方が???をタゲってとうとう戦闘開始です。
私は白なのでとにかく皆さんのHPを凝視。
いきなりごっそりとHPが削られた方を回復。
一息つく間もなく、じわじわとHPが減っていく前衛さん達を
後衛陣は必死にサポートします。
黒さんの魔法攻撃や前衛さん達の攻撃により徐々にNecroplasmのHPゲージが減ってきました。

後衛だから敵がよく見えないのもあるのですが、
正直SSなんて撮ってる余裕まるでナシでした。
回復で必死!

状況が安定したかと思ったら、
また残りHPが30くらいになる前衛さんがいたりでかなりドキドキです。
戦闘中には、私の近くでゴブがPOPしてヒヤリとしたのですが、
お手伝いさんがすかさず取ってくれてすごく助かりました。

私自身はログとメンバーのHPを見るのに一生懸命で、
敵のHPを見る余裕があまりありませんでした。
ふとゲージに目をやると、HPは残りわずか。
程なくしてNecroplasmは倒れていき、
ログには「やったー」「倒せた〜」「cooooooooool」の文字が入り乱れています。
私自身、前世でもクリアしていないクエだったのですごく嬉しかったです。

お手伝いのお二人に皆でお礼を言った後は、
急いで「未消化な鍾乳石」を取りに行き、LV制限を解いてもらった上で報告です。

5000ギルと「ランペール戦記」をゲット〜。
やっとクリア出来ました!

その後は募集主さんから「戦記を使う人は北サンドへ〜」とのお言葉で
使わない方はここでお別れ。
みんなで戦記を持って一番経験値をもらった人には募集主さんからプレゼントがあるそうです。
ランペール戦記は500〜1000の間で経験値がもらえるアイテムです。
私はこのまま白で使おうと思って北サンドへ向かいました。

どんどん使用される戦記。
500台で/cryする人もいれば 800台で/hurrayする人もいます。
そして、私も使いました。

初・ランペール戦記使用の瞬間!


すると・・・

きたわぁぁぁぁ


なんと986Ptの経験値をゲット!

「おおー」
「おめでとう!」
おめでとう

ちょっと照れくさくなっちゃいました。
先日、白で経験値をフルロストしていたので、
それを補ってもまだお釣りが出るだけの経験値獲得!とってもラッキーでした。

結局このポイントが一番となって、募集主さんからプレゼントを頂く事に・・・。

みんながなんだろ、なんだろ・・・と楽しみにしている中で私がトレード欄を開くと、


「!!!」


「<レア>さんなんだったの?」とみんな興味津々。
「あなたから発表してください」と募集主さんに促されて発表します。




「えーっとコウモリの翼でした」

lololololol
あはははは


「ランペールの名物だからね!」と募集主さんの言葉でまた皆が笑います。

皆の色々な笑い声に包まれながらPTを解散。
その後もみんなで「またどこかで〜」と挨拶したり、手を振ったりしつつお別れしました。

コウモリの翼はもちろんNPCに渡してきましたよ。
しかし、ランペールなだけに「コウモリの翼」なんてなかなか味のある選択だなぁ。

最初はどうなる事か少し不安でしたが、最後はこんなに笑えて本当に良かった〜。
また皆どこかで会えるといいな。
PR

2005/06/22 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-アクティブ!
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。