忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/20 07:30 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
退魔クエに集った"計り知れない"人々
ログインして競売を見ていると、私に手を振ってくれる人がいます。
んー誰だろ?と思ってお名前をよくよく確認すると、
あの退魔の報酬クエのリーダーさんじゃありませんか。
こちらも挨拶を返して、少しお話をしていると、
「今夜も退魔の報酬に行くので一緒にどうですか?」というお誘いが。
喜んでご一緒させていただく事にしました。

私は今回は前衛がいいかなーと思っていたのですが、
ジョブをご相談した所、白が不足していると言われたので、またまた白で出動する事になりました。

時間になって待ち合わせの場所に行くと、
前回ご一緒した方もちらほら見受けられます。
今回は前回よりも一人少ない12人で向かう事になりました。
私は前の手ごたえからこの人数で十分だなと思っていました。
いやぁ、一度経験すると人は強くなれるものですよね。
前は13人+お手伝いさん2人で、それでも「フルアラで行く」という事ばかり耳にしていたので、
どうなる事かとハラハラしていた位だったのに・・・(笑)

今回は、道中のお手伝いさんはいませんが、
それでも十分だと思う私の様な能天気がいる一方で、
お手伝いがいない事が原因で抜けちゃった人がいたとか・・・。
最初は16人で突入の予定が、そこで4人抜けちゃって、
一気に後衛不足になってしまったそうなのです。

確かに後衛のいる付近で湧くゴブに絡まれたら大変だ・・・というのは
分からなくはないのですが、何も抜けなくたって・・・と思うのは私だけでしょうか?うーん。

まぁとにかくこのリーダーさんの下なら、
日本語、英語の入り乱れる楽しい退魔クエになりそうです。
オルデールへ向かいLV制限を受けて、
(分かっているのに)いきなり下着になって照れるエル♀さんがいたり、
黒なのにサポ戦で来ちゃったという人がいたり、
さらにはまだサポの付いていない方がいらっしゃったりと、
今回もなかなかユニーク。
でも、なんでもOK!みんなで楽しめればいいのです。

すっすめ〜、すっすめ〜

構成としては前衛が8人、後衛が4人。うち白は2人。
赤さんも何人かいらっしゃいましたが、今回は皆さん前衛寄りの動きだったかな。
さて、もう一人の白さんも日本人の方だったのですが、
その方がとても感じが良くて、
「一緒にがんばろうね〜^^」と言ってくれる・・・・・・・ガルカさんでした(笑)
白不足なのは確かなので、その方からきちんと割り振りしましょうと言われて、
それぞれのPTについては自分が責任を持つという事に。
とにかく前衛陣を優先なのはもちろんですが、
万が一ゴブがPOPして誰かが絡まれた時は、
タゲが移ってもHPがあって耐久力のあるそのガルカさんが、
絡まれた人を回復する・・・という所まで決めてくれてかなり安心。
この人もリーダー素養が高い人だなぁ・・・とひしひしと感じます。

さて、道中は案の定、皆で「TPためるぞー」といった感じで、
コウモリやゴブをタコ殴り。
サポ戦で来た黒さんなんかは思いっきり両手棍を振り回してますよ。

その様子を見て、忍者さんが、
忍者さん「黒魔道士計り知れない強さです。
黒さん 「忍者計り知れない強さです。lol」
忍者さん「忍者空蝉←×練習相手になりません。
<黒さん>は<忍者さん>を慰めた。
<戦士さん>は<忍者さん>を慰めた。
<忍者さん>はうなずいた。
<エル♀さん>は<忍者さん>をつんつんつついた。

その後、エル♀さんまたまた下着姿に!
黒さん「<エル♀さん>計り知れない強さです。
忍者さん「<エル♀さん>計り知れない強さです。
<エル♀さん>はにやりとしている・・・!

ばかばかしいやら、おかしいやらで、モニター前で笑っちゃいました。
ちなみにこの忍者さん、最初に合流した時は
「英語喋れないんで不安です」とずっと仰っていたんですけど、
その後も、ガル白さんの尻尾を引っ張ってみたりと、楽しい方でした。

打倒!Necroplasm!

そして前回同様リーダーの合図でNecroplasmをPOPさせて戦闘開始。

さて、そんな中で私は、「今回は戦闘中のSSをバッチリ撮るぞ〜」と意気込んでいたのですが、
結論から行くと必死で撮れませんでした・・・orz
でも逆に削り役が多い分、倒したのは前回よりも早かったかもしれません。
前回よりかなりMPは減っていましたので、それなりに忙しかったみたいです。
時々食らうちょっとダメージの大きな攻撃を乗り切ればあとはなんとかなるといった感じです。

でも、それもこれだけの人数がいればこそ。
普段の少人数プレイでは味わえない面白さがあるのもまた事実です。

無事に倒した後はリーダーさん恒例の「ランペールタイム」(勝手に命名)です。
やはり今回も北サンドに集合となり、皆がその場で戦記を使います。

そして今回の私の獲得経験値は・・・943!
前回に続きなかなかいいポイントです。わーい。
ですが今回のTOPは970ポイントを出した狩人の方でした。
この方も前回お顔を見た気がするなぁと思ったら案の定、
コウモリの翼いりません。><」と言っています。

するとリーダーは首を横に振って、どうやらトレード中の様子。

狩人さんの発表を待ちます。
骨くずでした。ありがとう。^^」と。

おお、前回よりグレードアップしてる!と思ったのは私だけではないはず。

リーダーさんはお決まりの様に
「ランペールの名物は骨だからね」(前回は「コウモリの翼」だと言っていた)
と笑っておられましたので、
私が
「コウモリの翼→骨くずと来たら
・・・次はいよいよカシミヤ糸(ランペールのVrtraのドロップアイテム)ですね」
と言うと、

「<レア>計り知れない強さです

とリーダーに言われてしまいました。

皆にも笑ってもらえたみたいで、うまく通じた事が嬉しかったです。

今回も楽しいクエになりました。
ここに挙げてない方もお喋りする方が多くて、楽しかったですし、
なにより皆ノリが良くて最高でした!
PR

2005/07/12 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-アクティブ!
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。