忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/26 16:31 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
宿敵との対決再び!
私の宿敵・・・そう、宿敵と言えば・・・

「エルシモの名石」(≒それを落とす敵「Ivory Lizard」&依頼人「ロテノー」)

かつて私が一年をかけて約950体を倒して手に入れた、ある意味珠玉の一品!

テレポヨトを覚える為に必要なこのアイテムを欲するのは・・・
タルフレ
そうです、タルフレです。

彼も今では白がレベル36。「テレポヨト」まではまだ2レベルの余裕があるのですが
「(なかなか取れないのを)見てきたからねぇ・・・w」と言っています。
正直なところ、私も早めの準備をオススメします。

そこで、一時期はしばらく見たくはなかったトカゲとの戦闘に挑む事になりました。

「案外、人の分だったら早く出ちゃうかもね」
そう言った私でしたが、今回の主役はタルフレですからね・・・。
「自分でもね、ハマりそうな予感するw」自分で言っちゃダメですよ!

さて、私が「モンクサポシで行く?」と確認をすると、
「Aさん(LV31戦士)にもお手伝いお願いしてるから、
少しだけでも経験値入るようにしてあげて〜」との要望。
あいにく私はその辺りのレベル帯のジョブがない為、レベル27のシーフで行く事にしました。
一応トレハンが付きますしね。
カザムに到着し、前に「エルシモの名石」を手に入れた場所で狩るには
三人のレベルから判断して厳しいと言う事で、
もう少し弱めの場所に生息するトカゲを狩る事にしました。

ですが開始早々いきなりの全滅。
やっぱりエルシモの名石を狙う者には、何かが憑くようです。
衰弱が回復した後は、ピッタリと寄り添うように歩いているトカゲを
苦労しながら一体ずつ釣り、ようやく形になって来ました。

簡単には落としてくれませんでした。

最初は初戦の反省を踏まえてフェローを呼び出しながら・・・。
フェロー帰還後は三人だけでもきちんと狩る事が出来ました。

なんだかんだ言いつつも、私は
「意外と二、三体でポロッと落としそうだなぁ」と思っていたんです。

でも、今日いたメンバーは「ドロップの悪さ」や「運の悪さ」では
もしかしたら最強と言ってもいいメンバーが揃ったのかもしれません。

私は冒頭にも書いた通り、エルシモの名石拾いでは完全にハマった人。
そのほかにも普段のドロップ運も決していいとは言えません。
そしてエル戦士さん。彼もまたドロップ運がイマイチな方。
初期のミッションアイテムである「オーク鎧の小札」を取るのにも二日かかりました。
そして、タルフレは神がよく降りて来るような方。
「何故?」という所で絡まれたりしちゃう様な運の悪さ。

何もない方がおかしいのかもしれません。

20体くらい狩ったあたりから、お決まりの「出ないねぇ」が出始めます。
20体・・・ふふふ・・・思わず私の口から「900体以上狩ったよ」と言葉が漏れます。
そう20体なんてまだまだ序の口です。

ひたすらトカゲを倒します

30体を越えた頃からは完全に目的が変わり
「<戦士>さん、次のレベルまであとどの位?」
「500くらいかなぁ」
「じゃあ、それを上げましょう」とレベル上げモードに移行。
一番上がレベル36だったので、31の戦士さんにとっては
あまり経験値は入らなかったかもしれないけれどそれでも無事に32にレベルアップしました。

これで何体目だっけ

結局、この日は戦士さんのレベルアップと同時に終了。
途中、チェーンつなぎにマンドラやゴブリンを倒しながらでしたが、
トカゲそのものは43体を狩って終了!

どうもかつての経験から、トカゲを狩り始めるとカウントする癖がついてしまったようです。
タルフレが何体目で「エルシモの名石」を手にする事が出来るか、
今、とても楽しみで仕方がありません。

もちろん、応援しています。
私が達成出来なかった「1000体」という大台に乗れるように(笑)。
PR

2006/10/09 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-アクティブ!
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。