忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/11 20:33 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
思えばそれは前触れだった。
ユタンガで名石取りをした翌日の事でした。
今日も名石取りをするのかなぁと、ログインしていたタルフレに声をかけてみると・・・

「"傷んだ星の木の実"と"アーリマンのレンズ"を取りに行かない?」

どちらもクエストで必要となるアイテムなのですが、
二つのうち「傷んだ星の木の実」はザルカバードにいるウェポンが落とすアイテムなのです。
(ちなみにアーリマンのレンズはザルカの他、ボスディンやラングモントでも手に入ります)

とりあえずザルカに行ってみようという事になり、私達はヴァズへと飛びました。
適当な狩場を探して移動中の事でした。
「あ、ごめん。シグ切れた」 「ありゃ」
「かけ直して来ていいかな?」 「どぞー」 「ごめんねー、すぐ戻る」

ヴァズからそれほど離れていなかった事もあって、
私はサンドに戻りシグをかけ直し、テレポヴァズを詠唱しました。
私の身体は光に包まれヴァズのゲートクリスタルの元へ。

「ごめんねー、お待たせ」
そう言いながら画面を見てみると予想もしない事が起こっていました。
HPゼロ!?

ん!? HPゼロォ??

やっとタルフレの側まで駆け寄ると、近くには悠々と飛ぶEvil Eye(アーリマン)の姿が。
「見つかった」 「そか」
「前のめりぷりけつ」

前のめりプリケツ

私は幾度となくタルフレにかけたレイズを涼やかな表情で詠唱しました。
とりあえず安全そうなクリスタルの所で回復しようと移動です。
スニークをかけてインビジもかけて・・・。
あれ?スニークかかってたか。

<レア>は、スニークの効果がきれた。

あら切れた・・・もう一回唱えよーっと。
この時、私の背後に迫るウェポンに気がついていませんでした。

レアは、レアにスニークを唱えた。
Cursed Weaponは、ストーンIIを唱えた。


「いやぁぁぁぁぁぁ」 「うほ」

デジョン!デジョン!デジョン!デジョン!
デジョーーーーーーン!

HP2!

先ほど涼やかな表情でレイズをかけていた姿とは大違いのこの状態。
命からがらとはまさにこういう事。
ここで生き残れてしまうところがタルフレと私との運の差(ネタ体質の差)・・・だと思いたいです。

三度目のザルカ。今日だけでテレポヴァズが大活躍です。
ようやくここでまともに戦える状態に。

さて、ザルカバードという場所は、行った事がある方はご存知だとは思いますが、
アクティブな敵が沢山いる場所です。
右に行けば骨がいて、左に行けば巨人が闊歩し、雪が降ればエレも湧く・・・そんな場所です。
当然「安全な狩場」などない訳ですが、
それでも「ここならマシかも」と言える場所に陣取る事が出来ました。

先ほどの戦闘不能でレベルが50に下がってしまったタルフレはフェローを封印。
私がフェローを出しての三人での戦闘でしたが、さすがに楽〜丁度と言う事もあり、
他でよく戦う敵に比べると厳しいとは言え、問題なく狩れていました。
コンクェストの途中経過が入り、各国の情勢でサンドリアが「やや優勢」になっていると
「私達のお陰だ」と豪語してみたり・・・。
二人ともまだバルドニアの補給クエを終えていない為、
以前からいつここをサンドが取るかと楽しみにしているのです。

いつもならここから「なかなかアイテムが出ない」となりそうなのですが、
今回はあっさり「傷んだ星の木の実」をドロップ。
ロット勝負で私が勝ち、先に頂く事になりました。
あとはタルフレの分です。この調子なら案外すんなり終われそう。
最初の戦闘不能の事などもう忘れそうでした。

そうなんです。
ここからタルフレの本領が発揮される事になったのです。

それはまさに「神降臨」の瞬間でした。


つづく
PR

2006/10/10 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-ハプニング
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。