忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/24 16:47 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
五人+二人で登った塔
あとはのぼるだけ・・・となったエルさんのミッション3-3「ジュノ大使館へ赴任」をクリアする為、
今夜はジュノに集合です。
集まったのは、エルさん本人と、タルフレ、
そして「えふぇえふぇ雑記」のかーちゃんさんと、
さらにその相棒さんであるタルさんにもお手伝いを依頼!
デルクフの塔は長丁場。どうせならワイワイ登ったほうが楽しいじゃないですか。

事前にレベル30が見えていたエルさんとも相談して、
レベル30前後のジョブでお手伝いをお願いする事になりました。
この日の為に・・・と、わざわざレベルを調整してくれた
かーちゃんさんとタルさんに感謝です。
五人全員集まったところで、デルクフの塔へ向かいました。

レベル25以上の白さん二人という構成で来ていたので、
インスニは完備されていましたが、ここはせっかくなのでスニークのみで行ってみる事に。
絡まれたら皆で叩けばいいさー!とまだなんとなく気楽な下層の旅。

ゴブリンとの戦い

時に華麗なすり抜けを披露する面々。
その一方で、一部の避けられないゴブリンとの戦い。
リンクする事もありましたが、まだまだ余裕の笑みが浮かぶ下層です。
実はエルさんはまだここのマップを持っていません。
その為、攻略本を頼りに進んでいました。
事前に進行するルートをペンでなぞって準備をしていたのだそうです。
もともと方向感覚がとてもいいエルさんなのですが、そんなエルさんが不安だったのが中層。

中層は敵が少し強くなる事も不安なのですが、
ルートもアップダウンがありなんとなく道を見失いがちになるんですよね。
必死で隠れる面々敵との戦闘で長めのヒーリングが必要な時は、左の画像のようにワープポイントの裏にぞろぞろ集まって休憩したり・・・。
何度かピンチらしい事はありましたが、なんとか無事に進めていました。

ですが、やはり中層は手強い・・・。
ゴブリンが立ち並ぶ通路でとうとう立ち往生してしまった私達。

倒せないわけではないのですが、リンクしそうだったりして、なかなか手を出せずにいました。
そんな私達の後ろから青魔道士の方が通り抜けて行かれました。
手早く危なそうなゴブリンを倒していくその方。
どう考えても私達がいるから倒してくれたに違いありません。
「強いねー」「すごいなぁ」と口々に言いながら、さらに先へと進んでみると、
私達が進むはずのルートの敵がほぼ一掃されています。
あの青さんが倒して下さったに違いありません。
そのことに感謝しつつ大広間の様なフロアに来ると、
そこにはさっきの青魔道士さんがゴブリンを倒してくれていました。

皆でお礼を言いながらゴブリンの背後を通った時でした。
運悪くそのゴブリンが絡んできてしまい、そのゴブリンの連れたペットのコウモリに、
さらに遠くにいたゴブリンも加えての大乱戦に。
そして、かーちゃんさんの相棒タルさんが、戦闘不能になってしまったのです。
おまけにレベルダウン!ガーン・・・。

でも、ここでかーちゃんさんの初レイズが披露されます。
(その模様についてはこちらの記事をどうぞ)
「初レイズおめでとー!」と微妙に何か間違っている気がするお祝いをしながらも、
衰弱待ちをしていると、さり気なく私達の様子を気にしながら進んでくれていた青魔道士さんが
「カギ取りならご一緒しますよ」と声をかけて下さったのです。
さぁ、どうしましょう。
ミッションの張本人エルさんの答えは「自力で頑張ってみます」でした。最後のワープです
「気をつけて^^」という青魔道士さんの言葉を受けて、さらに先へと急ぎます。

既に敵はとてとてクラスです。
私はガイドベレーを使ってエルさんと強制的にレベルを同じにしていたのですが、レベル制限の効果が切れた瞬間に敵の強さを確認すると、LV41から見ても「楽」表示でした。とても危険な状況でしたが、ここで皆の神がかり的な歩きによって、いよいよ上層へのワープポイントの場所へと辿り着きました。

ここを通ったら私達が倒さなくてはならないPorphyrion は目と鼻の先です。
ワープをくぐり、Porphyrion のいる広間へと至る扉を開きます。
中には確かに私達が倒すPorphyrion がいるのですが、
それ以外の巨人も数多く闊歩していました。

・・・とそこに、ナイトさんが登場。Porphyrion のそばにいた巨人もろとも引き連れて、
Porphyrion を倒しやすい状況にしてくれたのです。
素早い判断でタルさんがPorphyrion を釣ります。
当然強力なPorphyrion の攻撃。タルさんのHPがごそっと削られる中、
かーちゃんさんの回復が素早く入ります。
その間にタルフレの弱体がPorphyrion へ。
タルさんから挑発でターゲットを引き剥がしたエルさんは懸命な攻撃です。
もちろん、私も頑張って攻撃しましたよー。

只今、身体のみでお楽しみいただいております。

ほらね♪
顔が写ってないのはわざとじゃなくてデフォルトです。(姿はこちらの記事に

なかなか激しい戦いでしたが、最初にナイトさんが近くの敵を掃除してくれたおかげで
リンクなどを気にする事なくPorphyrion を集中して倒す事が出来ました。
お礼を言って、改めてPorphyrion を倒したエルさんに拍手。
ナイトさんからも「おめでとう!」と言ってもらえてかなり嬉しかったみたいです。
ここで全員エルさんをお見送り。
本当はついて行けばよかったのですが、私はジュノでの集合時間間際になって
「デルクフの塔のカギ」を収納に入れている事に気がつくという失敗。
という訳でエルさんの一人旅。
大使とは無事に会えたものの帰り道はやはり・・・。

下層への出口よりも手前で倒れていると思ったので、
かーちゃんさんとタルさんにサルベージに行って頂きました。
その一方で私は一度ジュノへ。
念の為に白に着替えてサポシでとんずらを駆使してデルクフの塔に向かいました。
本来エルさんが出てくるはずの出口の前へ向かっていると、
なんと扉を出た所で倒れているではありませんか。
しまったなぁ、最初に外出たか確認しておけば、
わざわざお二人に中を通ってもらわなくて良かったのに・・・。
まぁみんな「いいオチがついた」と笑っていました。
上層から降りてきていたタルフレとも無事に合流でき、いよいよジュノへ帰還です。

そして、とうとうランク4!
本当におめでとう。

皆で記念撮影!

エルさんは本当に頑張ったなぁって思います。
全く初めての場所だったのに、あそこまで道を迷わずにいけたのはビックリしました。

途中で会った、青魔道士さん、ナイトさんも本当にありがとうございました。
パーティは五人だったけれど、このお二人のさり気ない優しさのおかげで、
今回のミッションがさらにいい思い出になったのは言うまでもありません。

私が落ちる前に、エルさんに「お疲れさま」のtellを送ると、
「めっちゃ楽しかった〜〜」にはじまり、
「いい人沢山いるよなぁ」と「いつか自分も返せればなぁ」とそんな風に話していました。

エルさんおめでと〜〜

皆さん、お疲れ様でした。
PR

2006/09/24 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-アクティブ!
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。