忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/22 06:16 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
三度目の正直なるか
「柔術着とるぞー!」とリーダーの方。
「おお!」とみんな。三回目の柔術着チャレンジがこの日行なわれました。(一回目二回目

元々、この企画を立ててくれたのはフレの竜騎士さんで、そのつながりでPTを作っていました。
ですが、昨日の時点であいにくお一人の方にお仕事が入ってしまい、
急遽お願いする事になったのが、私と仲の良いエルフレ。
朝、ログインする時に今日来られなくなってしまった方からの応援メールがきていて、
これは絶対がんばらなきゃ!と気合は十分。

メンバーは竜さん(ナイトで参戦)、エルフレをはじめ(赤で参戦)、
忍さん、赤さん、黒さん、そして私となりました。
相変わらず皆、私のレベルを見て調整してくれたジョブ構成。
本当にこういった配慮がありがたいです。

ジャグナーのキノコ村

Poisonhand Gnadgadのわくダボイのポイントまで行って周囲の抽選対象を狩った後、
なんとあっさりNMがPOP。幸先のいいスタートに皆が湧きます。
とりあえず撃破。いきなりのドロップはなし。くぅ〜〜。

赤:<レア>さんに、トレハン2の効果がつく魔法〜(←ケアル?)

そう言いながら、赤さんが私を回復をしてくれます。
今日の為に特別に組んだ私専用のマクロなんだそうです。(笑)

その後も抽選対象を狩り続けるのですが、目的のNMが全くPOPせず、
一度休憩をする事になりました。
そこで、私がふざけて後衛の皆さんにメロンジュースを、
前衛の皆さんにアップル・オレをその場で作って振る舞うと・・・
「うっ・・・」
<黒>は苦しそうにその場に倒れた!

「こ・・・これはっ!」
<忍>は身悶えながらつんのめった!

私:何か余計なもの入れちゃったかなぁ
エル:確か<レア>まだスキル60だよね?アップルオレに不純物が入ったのかも。
私:じゃあ、メロンジュースは?
エル:それは・・・
黒:ごめん、ジンジャークッキー喉に詰まらせたw
私:紛らわしい〜
赤:ジンジャークッキー食べてたっけ?
黒:戦闘中にこっそり食べてたの
竜:意味ないなー


忍:倒れてしまった忍者の事・・・時々でいいから思い出してあげてください。

FF10のユウナの台詞モドキですね。皆、大笑い。
黒さんのジンジャークッキーですっかり迫真の演技をした忍者さんの事忘れて・・・
はないけれど、スルーされちゃってました。

休憩も終わり、再び気合を入れて狩り続けたところでようやく2体目がPOP!
もう祈るような気持ちで私はとどめをさして、ドロップ報告を待ちます。
すると、名前の横に箱のアイコンが出ましたた!

一同:おおぉ?


Poisonhand Gnadgadは柔術下ばきを持っていた

あちゃーーー。ドロップ違い。

私:出し惜しみするなぁ!
黒:減るもんじゃなし?
私:うん
竜:いやいや、へるってw

箱のアイコン出た瞬間とログ見るまですっごくドキドキしたのになぁ。

なかなかドロップしないこの状態に、私がややへこみ気味になっていると、
気がつくと手伝ってもらっているのに、一番励まされていました。
私が弱気になって「サポシの人増やそう」みたいに言うと、
皆から「それはダメ!<レア>のサポシで取る事に意味がある」と言われて逆に激励される有様。
この人達のいるこの場で柔術着をドロップして、
そして40になってから着てみせる事が出来たらどんなにいいだろう
・・・そんな風に考えていました。

その後3体目をPOPさせようと、必死に抽選対象を狩りますが、
一向に湧く事はなく、結局の所は黒さんが終了時間となりました。
「次のPOPまではがんばろうよ」と黒さんが親切にも言ってくれたのですが、
さすがに長時間狩り続けていますし、朝から皆がんばったので疲れ気味のはず。
「今日は縁がなかったんだと思って帰ります〜」と告げて皆で帰還しました。

黒さんとジュノで待機中〜

それにしてもこんなに皆がしてくれているのに、私のドロップ運がかなりマズい気がします。
申し訳なくて申し訳なくて、私は企画してくれた竜さんをはじめとした皆さんに
「もう十分だからいい」と言ったのです。
自分でとりに行くときにお手伝いをお願いするからと。

エル:本当にイヤなら誰も手伝わないよ
竜:俺らは、別に「柔術着」を取る為に集まってるだけじゃないよ。
   <レア>さんも含めた皆で遊びたいから集まってるだけだしw
赤:おぉ、いい事言うねぇ。でも、それ正解。

皆が私に諦めさせない為に言ってくれている言葉というのは分かっていても、
「遊びたいからだよ」と言ってくれるだけでどれ程気持ちが楽になったか。

ですが、さすがに皆さんの厚意にすがってばかりもいられませんので、
もう一度だけ皆で取りに行ってドロップしなければ
とりあえずは解散という事を提案させてもらいました。
また、私の方でお手伝いをお願いしたい時に、ちゃんと頼むことが出来ればいい事ですしね。
皆さんの反応は渋々といった感じでしたが、
一方で私の気持ちもわかっていただき了承してもらえました。
あと一回だけ皆さんにすがろうと思います。

次はいつになる事かまだ未定ですが、なんとかドロップして欲しいと
既に自分のためと言うよりも、皆に喜んでもらいたくてそれを願う私がいます。

トレハンの神様が降りて来ますように!

※2006/09/30加筆
別記事で「トレハンの効果」に関するコメントを頂き加筆させていただきます。
「トレハン」はあくまでもアイテムのドロップ率を上げる為のものです。
等しくそのアイテムがドロップする可能性がある場合に、
そのアイテムの振り分けには効果はありません。

特にこの記事では「トレハン」「サポシ」という言葉を多く使い、
非常に重要なもののように読み解けますが、当時の私や他のメンバーの方の
いわば「気休め」のつもりでした。紛らわしい文章を書いてしまい申し訳ございません。
ご指摘いただいた「ななしさん」ありがとうございました!
PR

2005/09/04 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-アクティブ!
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。