忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/28 21:15 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
トレハンの力奪われる!?
「先日はどうもー、
あの時間あったらカザムパスの鍵取り手伝ってもらえませんか?ちょっと数あるんですけど。」

tellの主は先日楽しいPTを組んで下さった竜騎士さんでした。
カザムパスかぁ・・・三ヶ所行く時間はないなぁ・・・と思って、
「時間がないのでドロップ次第ですが、山砦と鉱山ならお手伝いしますよー」
とお答えすると、「ぜひぜひー」となって北サンドにて合流。

一応メインがいいか確認した所、鍵取りという事でメインをご希望でした。

(tellにて)
私:ではモ/シで行きますね。
竜:おお、レアさんサポシいけますか?
私:はい大丈夫ですよ〜。トレハン付きです^^
竜:皆喜べ!トレハン付きシーフさんだー!(←恐らく誤爆)
私:あはは

鍵についてはトレハンが関係あると書いてある所や、
関係ないと書いてある所色々あるので微妙ですが、
それで気分的に喜んでもらえるならばサポシでもなんでもしますよー。

竜:すみませんが、ゲルスバまで直接来ていただいていいですか?
私:了解です〜。

砦の集合場所に向かっている途中でPTのお誘い。
加わると竜さんの他は戦1/戦2/赤1/赤2の皆さん。
まさか皆さんカザムパス?と思ったら、
赤1さんを除いて皆さん鍵希望だとか。
これはなかなか大変そうです。竜さんはメインジョブであるLV35の戦士でいらっしゃるようでした。

竜:助かりましたー。私がシーフ育ててなくて、時間かかりそうだと思ったんで・・・。
私:いえいえ。トレハンが効けばいいですねー。

そういってゲルスバよりユグホトの方が体感的に鍵が出る印象があると私が言った事から、
6人でユグホトに向かう事にしました。
この戦士さんと赤さんの4人組は皆さん同じリンクパールを付けていらっしゃいます。
LV帯も似たり寄ったりでしたので、友達同士でLSを作ったのかなぁと思ってました。

ですが、そういう訳でもなく、4人で揃って同じLSに加わったとの事。
まぁ、LSの事情は良く分かりませんが、
カザムパスの鍵取り位手伝ってくれないのかな?と思いました。
ただ、こればかりは放任主義のLSもありますし、
過保護すぎる位の所もあるようなので、なんともいえません。

その4人に竜騎士さんがお手伝いをする事になった経緯というのが、
竜騎士さんが自身のLV上げで砦にいると、
随分苦労しながら強いオークを相手に戦っている4人組がいて、
サチコメを見ると「鍵取り」となっていたので
「良かったらお手伝いしましょうか?」と声をかけられた事がきっかけになったそうです。
ですがなかなか出なくてメインに着替えて殲滅速度を上げて再合流、
それでも出なくて、誰かいないかなと探していた所私がいたという訳です。

戦1:もう自分達では無理だと思ってました。
赤2:本当に助かりましたー。

そんな風に仰っていた様子から察するに、お手伝いして欲しかったんだろうなぁと感じました。

ユグホト内にはいつもいる釣りをしている方々の名前が連なっており、
それ以外は特に上の方にいるPTはなさそうだったので、
乱獲コースで行くことにしました。

赤1:自分達は座って見ていればいいですか?
と聞いてこられた途端、

竜(今は戦):何をおっしゃる!
私:しっかり働いて下さい♪
竜:そそ
私:ついでにスキル上げしちゃえ〜

とこんなノリでいいんでしょうか・・・といった感じで答えると、
4人の方が揃って「がんばりまーす」の発言。
見事にシンクロしたので思わず笑ってしまいました。

せっかく来たのですから、余程危険であればまた別ですけど、
そうでない場合は色々やってみたいですよね。多分。

ユグホトをフルPTで来る事は多分初めてです。
みんなでワイワイ、次はファイター!次はにんにくー!
なんて言いながら狩っていました。

「祈祷師のにんにく」をまだ渡してないという方がいたので、
その方にその分のにんにくも稼いだり出来て楽しかったです。

赤1さんが「短剣使ってもいい?」と聞いてきたので
「どうぞー」と言ってからは、戦士さんも斧を使ってみたり。
「あたらねー」とか言っている内に鍵を2つドロップしていました。
残り1つ。

竜:さすがサポシ! /kneel
とすると、
戦1さん、赤1・2さんも揃って /kneel

そして少し口数が少なめの戦2さん・・・

私のすぐ近くまで寄ってきて



/salute




少し位置を変えて、もう一度 /salute


また少し私の近くに寄りなおして /salute




も・・・もしかして ギュッ てしようとしてますか?



えとえと
この戦2さん タルタルさんなんですよね。


だから、私の足元にくっついてダダこねてる子にしか見えないんですよ。



あー、もうすごくいいシャッターチャンスだったのにぃ。
・・・と思ったとか、思わないとか。
なんだか可愛らしかったですよ。

みんなでその様子を見て笑っていたら、その後そのタルさん照れながらSerjeantに特攻。
まてまてーと皆でボコボコにしてたら、落としました「山砦の箱の鍵」。
全員そろってめでたし〜。

続いては鉱山です。

ここではなんと同じ様にカギ取りのPTが。
これは厳しいなぁと思っていると、竜さんがそこのPTリーダーの方と相談しますと言ってしばらく無言に。

そのまま待っているとなんとアライアンスに!
「狩場分けてもらえませんか?って言ったら、それなら一緒にやりましょうって言ってくれた」
と竜さん。なかなか頼りになるじゃありませんか。
改めて「よろしくお願いしまーす」とご挨拶。
一緒にアラを組んで頂いた方々は高LVな様子で敵の殲滅速度が異なるものの、
こちらも頑張って倒しまくります。
あれよあれよという間に

人形の胴やら、脚やら、腕やら、頭やら、腕やら、脚やら・・・。

あちらもサポシの方が2人ほどいらっしゃったのですが、
出てくるアイテムがみんな・・・。

そのうちこちらで倒したクゥダフからようやくカギをゲット。
それが呼び水になったかの様に、ポロポロと落として
こちらのPT3人分と、相手のPT2人分の鍵を入手。
ドロップアイテムについてはおよそ半分ずつにして頂きました。
結果的には当初の予定よりも早い段階で鉱山の鍵もそろいました。

ギデアスもお付き合いしたかったのですが、
やはり時間的に厳しいようだったので、ここで遠慮させていただく事に。
5人はこの後ギデアスに向かうという事でした。

砂丘までは一緒に行動していたのですが、
別れ際に「またどこかでー」と言いながらPTを離脱。

すると戦2さん

「ありがとう」

そして

<戦2>は <レア>のシーフの心を盗んだ!

<戦2>は一時的にトレハンの力を得た!

思わず笑ってしまいました。
きっとそのトレハンの力でギデアスの鍵もすぐゲット出来ますよ!
みんな無事にカザムパス取れてるといいなぁ。



今日の反省。
ちょっとだけログインのつもりでもキャプチャーソフトは立ち上げておこう・・・。
FF側のSS機能も使ってはいるんですけどねぇ。
ついついScroll Lock忘れちゃう事が・・・。
PR

2005/04/14 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-アクティブ!
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。