忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/28 15:55 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
はじめてのコリブリ
以前よりコリブリを一度経験しておきたいと思いつつも、
食事を取られたり、魔法を跳ね返されたり・・・という話を聞いて
なんとなく敬遠していた私。そして、タルフレにエルさん。

先日の三人でのレベル上げの際に加わっていただいたナイトさんから、
「コリブリは忍者にとって良い勉強になりますよ」と聞いてから、
エルさんが是非コリブリをやってみたいと言い出しました。

私達の忍者・シーフ・黒のレベルだと十分コリブリを狙っていけるレベルです。
そこでついに初めてのコリブリinワジャーム樹林へ。
コリブリって魔法跳ね返すんだよなぁ・・・と黒で参加する私は正直微妙な気持ち。

そう言っても、私もコリブリは経験しておかないと・・・と思っていたので、
戦闘をするにあたって技などを確認しておこうとちょっと調べてみたのです。

アトルガンエリアはお馴染みという方には「何をいまさら」と
思われるかもしれませんが、コリブリでもレベルの低いコリブリは
魔法を跳ね返すことはしてこないらしく魔法も大丈夫らしい!
Lesser Colibri と 過去の東ロンフォにいる Colibri がこれに該当するようです。
「コリブリ=食事消される&魔法跳ね返される」という認識だった私は
こういった事も初めて知りました。
コリブリは初めてなので、色々とやってみよう

Lesser Colibri の強さは私達から見ると「とて」。
最初は食事を摂らないと当たらないかもしれない&どのくらいの頻度で
食事を食べられるかも分からなかったので、エルさんがスシを食べてみたのですが、
あっという間に食べられてしまい、噂どおりのグルメっぷりを見せ付けられてしまいました。

その後も2回ほど食事を摂られていましたが、結局「もったいないから」とやめることに。
幸い食事なしでも攻撃は十分当たるので問題なかったのですが、
「ペッキングフラリー」(四回攻撃)は結構痛いし、
TPが0になってしまう「フェザーティックル」も絶妙なタイミングで発動されて
タゲを取っているエルさんが「あああ!」と嘆くことも。

さらにシグネットエリアでレベル上げをする事がほとんどである私達は、
ついヒーリングをしてしまうんですよね。これはTPが減ってしまいます。
思わず「回復するから座らないでー」と言っていました。

私も最初こそは範囲攻撃がないコリブリ相手だし・・・と、
両手鎌を持って攻撃に参加していたのですが、敵の回避が結構高くて
あまり攻撃が当たらないことと、思ったよりも一戦あたりのMP消費量が多かったので、
途中からはやはり魔法とヒーリングに集中しようと武器をおさめることにしました。

アトルガンエリアでの戦闘にも慣れていかないとなぁ

私達の結論は、

(3人ならば)コリブリは「つよ」くらいでガンガン狩りたいね

・・・という感想でした。

近くで狩りを始めた他のパーティの方々の戦闘の仕方を見ていると、
皆でわーっと狩って力でねじ伏せるような感じなんですね。
コリブリの特性を考えるとその戦い方はとても理解できます。

今回はTPを消される技を持っているので連携などは気にせずに
エルさんはTPがたまったら即打つというのが基本にありました。
タルフレはその時にタイミングが合えば連携を試みるような戦い方をしていたので、
削りのペースが普段とは全然違うんですよね。

色々とシンクロする事もあり、楽しみに読ませて頂いているブログのひとつ
「夫婦で出戻りヴァナライフ」(by チョビさん)のこちらの記事に、
つい最近試みられたコリブリ狩りの事が書かれています。
チョビさんは二人パーティでの内容なのですが、
同じ少人数パーティでのコリブリ戦に関しては私達が持った感想ととても近くて、
「そうそう!」と思わず頷いてしまいました。

フルパーティではあえて連携がない事が多いですが、
やはり連携→MBは重要なダメージ源であり、また黒としては楽しみのひとつ。
その機会が減ってしまうのが私達には痛かったです。

なので、いわゆる「コリブリウマー!」まではいきませんでしたが、
「コリブリおいしそう!」くらいは体感出来たかなぁ。
後衛としてはサンクションでリフレの効果がもらえるのも嬉しいですし、
最終的な経験値は十分すぎるほど稼げてました。
経験値ボーナスもあるお陰なのか、心なしか女帝が切れるのも早かったです。

それに、何と言っても初めての敵はそれだけでも新鮮。
色々と試すことが出来て面白い!
「ペッキングフラリー」をスタンで(偶然)止める事が出来た時は、
心の中で「とめたー!」とにやついていました。
狩場としても「アトルガンに本格的に進出!でも薄暗いカダーバの浮沼」から脱出。
お昼は明るいワジャーム樹林での戦闘だったので景色も堪能出来たのが良かったなぁ。

タルフレが「ついにおいらもヘソを出す日が近付いてきた・・・」と呟くように、
待望のレベル60まであと半分程度まできました。
うまく行けば次回、遅くてもその次には3人のフルAF姿が見られそうです。
60になったら3人で行きたいBFがあるのでそれも楽しみです。
よーし、気合入ってきたぁー!
PR

2009/01/21 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-アクティブ!
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。