忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/04/29 04:50 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
虎の威を借る樽々
あんなに怖かったボスディンのトラも、気がつけば「練習相手にならない」になっていました。
ボスディンのトラと言えば、追いかけられてラングモント峠に走りこんだり・・・
といった思い出があって、いつまで経っても怖い敵のひとつでした。

とにかく「怖い」という思いが先に立ち、
とうに「練習相手にならない」状態だったかもしれないトラを前に、
強さを調べもせずにインビジをかけて気持ちは猛ダッシュで移動していました。
そんな状態なので、トラの事をじっくりと観察する事などあまりなかったのです。

「ねぇ、よく見たらここのトラって大きいね」
と、私は一緒にいたタルフレに声をかけました。
「レアさん、あぶないよ」
堂々とトラの横に立っていた私にタルフレが注意をします。
「大丈夫。練習相手だよー」
するとタルフレもインビジを切ってトラのそばに立ちました。
「ほんとだ、かなりでかいね」

トラを倒している時は必死なのでよく分かっていなかったのですが、
改めて平坦な地で大きさを比べてみると、私よりもはるかに大きなトラの姿。
へぇ〜こんなに大きかったんだぁと感心していました。
「ねね、トラの足の間に納まりそうだね」
そう言うと、タルフレがぐりぐりとトラに接近。

足元に入り込んでしまいました

案の定すっぽりと足元におさまったタルフレ。
「なんか"虎の威を借るタルタル"(*1)って感じだねー」
「んーどっちかというと"前門の虎、後門のタルタル"(*2)って感じかな」
「ほぅ」
「虎をやっと倒してホッとする間もなく、
次のタルタルが控えている・・・このタルタルを倒さないと前には進めないのに、
その可愛さに倒したくても倒せないという災いがまたきてしまった・・・という故事成語だよ」

「うわー本物っぽいw」
「でしょw」
虎の威を借る・・・
「虎の威を借るタルタルなら虎より前に出ないとね」
「そうだねぇ」

そういって、今度は前に出てきたタルフレ。
何を思ったかこんな事を言い出しました。
「さっきみたいに、言葉の成り立ちを説明してくださいw」
またいきなり困ったことを。うーん・・・

「ヴァナディールには樽々という種族がいます・・・」


「虎の威を借る樽々」
ヴァナディールには樽々という種族がいます。
その樽々がよく訪れる場所に
Tundra Tiger というそれは恐ろしい虎がいました。
その虎はまるまるとした樽々が大好物で、樽々を見かけては襲っていました。
ある日、一人の樽々が Tundra Tiger に襲われてしまいました。
その時その樽々はこう言ったのです。

「まだ聞くの?」
「うん。最後までちゃんと終わらせてw」
「ヤレヤレ」

その後も続く物語。
そんなに長い話ではないのですが、一応こちらに全文をアップしてみました。

「・・・していたんですけれどね。おしまい」
ちゃんちゃん♪

あー疲れた。まさかこんな話をさせられるハメになるとは思いませんでしたよ。
タルフレにはかなり満足していただけたみたいなのですが・・・。
「あまりの長話にすっかり虎もいなくなったねぇ」
どうやら虎にとっては「虎の耳に念仏」(*3)だったようです。


*1 正しくは「虎の威を借る狐」
*2 正しくは「前門の虎、後門の狼」
*3 正しくは「馬の耳に念仏」
PR

2007/01/05 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-まったり
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。