忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/20 07:29 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
あなたの声が伝わる
ロランベリーの蜂を叩いていた白24の私。
フレと一緒にレベルアップ後の保険を稼ごうと、ジュノを出て最初の門を拠点に稼いでいました。

ここで敵と戦闘をしていると本当に多くの人々が行き来するのが分かります。
これからどこかへ向かおうとする高レベルの人。
私達の様にジュノに近い所でレベルやスキルを上げようという人。
ピンチで慌てて門をくぐり抜けてくる人。
冒険から帰ってくる人。

最初は私が釣り役をしていたのですが、ハチを釣って戻ってくると
キャンプにしていた場所のすぐ近くにとてとてのゴブがいました。
結果的に私はゴブに見つかってしまい、当初バタリア側へ逃げようと思った思惑は外れ、
結局ジュノの入り口へ強引に向かったのです。
ハチはともかくゴブの攻撃が痛くて、HPがあっと言う間に二桁に。
そんな時、傍を通りかかった竜騎士さんがゴブをすかさず取ってくれたのです。
ハチ一体ならなんとかなる・・・そう思って、私とフレ元々釣ってきたハチを相手にしていました。
ですが、そのゴブはペットを連れたゴブだったのです。
結構痛い攻撃を浴びながら、ハチを相手にしていると、
やはり通りかかった方がそのペットに挑発をして私達から大きく引き離してくれたのです。
本当に一瞬の出来事でした。

無事にハチを退治し、まずは竜騎士さんに御礼を告げると、
フレと私に/smile/cheer/goodye をしてくれました。
私も改めてお辞儀をして/goodbyeをしました。

もちろん、ペットを連れて行ってくれた方にも/tellで御礼を告げました。

それからまたしばらく経って、今度は忍者さんが門の内側に飛び込んできました。
空蝉を唱えながら善戦しているものの、結構ギリギリの戦いになっています。
あと一撃加えれば敵を退治できるか・・・という所で、私は彼に回復を唱えました。
ありがとう/bow/wave

続いて飛び込んできたのはガルカさん。
既に戦闘は終了していましたが、HPがわずかしかない状態でヒーリングをしています。
そこを回復してあげると、/kneel/bow

今度はフレが釣った際にリンクが発生。
一体のハチを眠らせておく事に成功したものの、
もう一方のハチが結構強くて私達は苦戦していました。
そこへ通りかかったのがヒュム赤さん。
私達がピンチだと悟ったのでしょう。どこかへ行こうとしていた所を
そばで見守っていてくださいます。
そして本当に危なくなった所ですかさず回復を・・・。
二体分の戦闘を見届けてくれて、私達に/cheer/goodbye

一部タブ変換などで会話はしていますが、
助けたり、助けられたり・・・ヴァナではよく見られる光景です。
だけど、その時に出てくるこういったちょっとしたエモのおかげで、
言葉でもらうものとはまた少し違う温かさを感じます。

そんな極めつけのエモが、ジャグナーを走っていた時の事です。
たまたま私と同じようにラテに向かって走るヒュムさんがいました。

<ヒュム>は<レア>に丁寧にお辞儀をした。

一瞬、あれ?知ってる人だったかな?と記憶をめぐらしますが全く覚えがありません。
山ですれ違う人同士が挨拶するように、そのヒュムさんもそういう気持ちなのかなと思って、

<レア>はにっこり微笑んだ。

とお返し。

ラテーヌへ抜けてもしばらくは並走状態でしたが、
しばらくして二人の距離が徐々に離れ始めました。

<ヒュム>は手を振った。
<レア>はサヨナラのあいさつをした。


全く会話を交わしてはいないのですが、なんだか気持ちの良い道中でした。


こんな風に言葉にしなくても
「やぁ!」「がんばれ!」「気をつけてね」「またどこかで」
・・・それぞれの人達の優しい声が伝わるような気がします。
PR

2005/09/12 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-まったり
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。