忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/28 13:48 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
選ぶ言葉が相手を変える
またか・・・と言われそうなのですが、ギデアスに行ってきました。
微妙に足りない素材を刈る為だったので、
今日は移動がしやすい「モ/黒」といういかにも
「取ったら即帰るよー」というスタイルでギデアスに登場。

いつものコースで採集ポイントを探し、
いつもの様に穴に落ちて上の段へ行き、
シグナNMのPOPポイントを横目に奥へ向かい、
また下段へと落ちていく私なのです。

で、ポトッと落ちた所に、いつもPOPする場所からは
少しズレた位置だったんですが、アレが湧いてたんです。

ハンターロングボウのNMが!(もう、名前はいいや・・・)

でも、既にそこには3人もの人がいました。
だけど誰もNMに行こうとはしません。
見た目だけの判断ですが、皆さん高LVのようでもうこの位のNMは目じゃないのかもしれません。
・・・と勝手に解釈。
「張ってるのかな?行く気ないのかな?どっちだろ?」

行く気がないなら、私が行きたい所なのですが・・・。
NMがいたポイントは少し陰に隠れていたので、
3人のうちお一人は完全に死角になっていたと思います。
でも残り二人の方からはちゃんと見える位置です。

迷った挙句、/poke をしてみました。

でも誰一人動かない・・・。
周囲のヤグも放置状態でしたから、
POP待ちで狩っていたとも考えにくい雰囲気でした。
ううードキドキ。行っちゃうよ?取っちゃうよ?

しばらく待って誰からも反応がないので、
もう一度だけ/poke これで誰も来ないなら私が行こうと思いました。
やっぱりこないのでいきまーす。

ストーーーン!!

サポ黒だったので魔法を使いたかっただけです。ハイ。


そして狩り始めた途端に、見える位置にいた二人のうちの一人が
物凄い勢いでこっちに走って来たのです。

(げげげ・・・やっぱり張ってたの?反応してよぉ)

そう思っても後の祭り。戦闘中にその方からは見つめられてしまいました。
こっちにしてみれば一応「いるよ〜」って教えたつもりだったんですけどね。

ドロップ品はまたまたまたまたライトソレア。
ショボーン。

ついでに採集ポイントもあったので、ちょこっと草刈り。
目的のものも手に入ったのでデジョンで良かったのですが、
なんとなくそれじゃ感じ悪いかなーと思って、
誰も掃除しないヤグを掃除しました。なんだかチキンだなぁ。

後からその方(ヒュムさん)から/tellが入りました。
外国人の方の様です。

ヒュム:何が出た?
私:【ライトソレア】でした。
ヒュム:残念だったね LOL
私:NM待ってたんですか?
ヒュム:そうよ。あなたが魔法を打ったから気がついたの。ずっと待ってたのにね。

ガーーーーン やっぱりNM待ちの方でした。

私:2度「NMいるよー」ってお知らせしましたよ。

ログを確認しているのか、それ以降全く反応がなくなりました。

もしかしたらフィルターをかけていたのかな・・・とか色々考えたのですが、
私の中では「知らせたんだし」という事でケリをつける事にしました。
実はこの時点では、戦闘中に何度も見つめられたりした事もあって、
「感じ悪いなぁ」って思っていたんです。

それでも一応NMを張っていたと思われる当人の方とお話も出来ましたし、
こちらの主張も出来たので私は当初の予定通りデジョンで帰還。
裁縫ギルドに篭っていると、またその方からtellが入りました。

ヒュム:何やってるの?そろそろNMが湧く頃じゃない?
私:さっきのNMの事?
ヒュム:そうよ。今度は負けないからね。
私:私はもうウィンダスに帰ってきたのよ。がんばってね。
ヒュム:さっきの事を気にしているの?ごめんなさい。
あなたが教えてくれていたのに気がつかなかった私のミスよ。
それに日本人が「見つめる」を嫌がるのに嫌がらせしてごめんなさいね。
(意訳度120%)
私:いえ、気にしてないですよ。私もsayなどで伝えればよかったです。

こんな風に言ってくれると、こちらも穏やかな気持ちで応対できます。
それからしばらくして「NMが湧いた」と喜ぶ彼女。

ヒュム:倒したよ!
私:おめでとう。弓は出た?
ヒュム:靴だったの
私:残念
ヒュム:次頑張ればいいのよ。また会いましょうね!

彼女はまだこのまま張り続けると言い、
私はログアウトの為にお別れしました。

考えてみればなんて事ない出来事だったんですけどね。
最初のやり取りで終わってしまえば、その方に対して「感じが悪い」で終わったと思います。
でも、その後のやり取りでその気持ちは払拭されました。
少なくとも自分のミスを認められる人だというのは分かりましたし、
こちらも素直に「私も悪いとこあったかも」って思えてしまいます。
(この辺が日本人なんでしょうね。堂々としていればいいんですけど。)

今回はたまたま外国人の方でしたが、国籍の違いに関係なく、
発言ひとつで相手の出方が変わるという事はよくある事だと思います。
自分に置き換えても「こういってくれれば素直に謝れたのに・・・」なんて事もありますよね。
今回のような事だけでなく、ほんの些細な言葉がとても嬉しく感じたり・・・。

やっぱり言葉って大事だなと思うわけです。
人に発言する時も、自分が受け取る時も、
たとえ単なるテキストで人それぞれの受け止め方の違いはあれども、
そこには色んな温度があるんじゃないかと思って発言するようにしたいと思います。
もちろん、そこにニュアンスの伝わりやすい日本人と
つたわりにくい外国人・・・関係ないと思っています。


・・・にしても、そろそろハンターロングボウ本当にドロップしないかなぁ!
PR

2005/05/06 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-その他
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。