忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/26 16:27 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
もっと見つめて!?
「見つめ(られ)る」という行為を嫌がる人は多いですね。
私は一度や二度なら気にしないのですが、ごくたまーに何度も何度も見つめられると、
「なんだろ」と思うと同時に「私何かしたかな?」と思ってしまいます。

さて、そんな行為をすごく楽しんでいる、
ちょっと面白いフレがいますのでご紹介してみようかなぁと。
このフレも昔はたった一度であっても「見つめた」→「むむむ」となっていたそうですが、
ある事をきっかけに「見つめられる楽しみ」を見出したそうです。

ものすごい装備でもして見せびらかしている?
とってもレアな称号をつけてみてもらってる?
・・・。

いえいえ、全然違いますよ。
それはまるで微笑み返しの様なことなのです。
例えば狩場などでプレッシャーをかける為に何度も見つめられたりすると・・・

<A>は<フレ>をじっと見つめた。
<A>は<フレ>をじっと見つめた。
<A>は<フレ>をじっと見つめた。
<A>は<フレ>をじっと見つめた。

<フレ>は<A>に投げキッスを送った!

とか

<B>は<フレ>をじっと見つめた。
<B>は<フレ>をじっと見つめた。
<B>は<フレ>をじっと見つめた。
<B>は<フレ>をじっと見つめた。

<フレ>は一輪のバラを差し出し<B>の手の甲に軽くキスした!

とか

<C>は<フレ>をじっと見つめた。
<C>は<フレ>をじっと見つめた。
<C>は<フレ>をじっと見つめた。
<C>は<フレ>をじっと見つめた。

<フレ>は<C>に熱い抱擁をして濃厚なキスをしたが人違いと分かり逃げた!

とか・・・。
10種類以上もの「しつこく見つめられた時用エモ集」が彼の辞書には収録されているそうなのです。

初めて見た時は驚きましたよー。
だって、周囲からは「/check」「Ctrl+C」で見つめられる行為は、
ログには表示されませんからね。
いきなり他人にこんなエモを送る訳ですから、てっきり知り合いかと思ったら

「いやー知らん人w」

なんて答えるし。
よく少し調べられただけだったら/smileで返す方はいますけどね。

フレの話によると、大抵の人が驚いて止めたり、
何かしらの反応を見せたりするそうです。
しかも徹底してるのがちゃんと「英語版」も用意しているという事。
今はお名前で大体判断しているそうですけど。
驚いたのはそれがきっかけとなり、その後はお互いにエールの交換をして、
すっかり仲良くなって、狩場を去る頃にはフレ登録まで交わしてしまった事もあるとか。
すごいですね〜。キスの力って。←違うかな?(笑)

ですが、以前は何かあるとすぐ見つめて来ると言われた外国人の方々も、
最近では日本人が「見つめられる事があまり好きでない」と知ったからでしょうか
事前に断りを入れる方も多くなってきたらしく、
だんだんとこのマクロの活用する場が減ってきたと嘆いていました。

そもそも10種類以上も作っていることがすごいと思うのですが・・・。

で、記事を書くのに「SS撮らせてー」とお願いすると、
わざわざモグハウスまで戻り、

/kiss実装希望だそうです・・・(笑)

こんな格好で、角度まで指定されてしまいました。
これがサブリメンのこだわりなのだそうです。

でも、このフレを見て「物の見方」ってやっぱりあるなぁと感じました。
よく「見つめられる」事が気になるならログが表示されない様にすればいいと言う方もいます。
それももちろん対策の一つとしてありますし、フレも当初はそうしていたそうです。
実際問題として、場所や状況によっては、
そんなエモを返したりといった悠長なことが出来ない程
ひどい状況もあるという事も言っていました。

ただ、ログを消してもキャラの頭が動いて「今見られてるなぁ」って感じたりする事や、
見られてるのかどうか「分からない」という事が嫌だったりで、
結局ログがあってもなくても、イライラする時期もあったとか。
だけどある日、
せっかく楽しみに来ているヴァナで、そんな事でイライラするのは馬鹿馬鹿しいなぁ
・・・と感じたらしく、そこから今度は自らが楽しめる方法を考え、今の方法に至ったそうです。

エモの中身や、その場その場の状況はさておき、
人に「見つめるのをやめろよ!」じゃなくて、
「自分がその事も含めて楽しめる様にするにはどうしたらいいだろう」
って考えられる・・・そういう風に考えを切り替える事が出来たフレに何か教えられた気がしました。

最初にも書きましたが、私自身はめったにないとは言え、
しつこく見つめられると「なんだろう」と思いつつも、特に何か働きかけた事はありませんでした。

今度は/smileでも返してみようかな。
PR

2005/09/10 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-その他
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。