忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/24 16:49 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
その人は今でもshoutしていた
いつの事でしたか・・・
「サンドリア出身の方、PTの心得初級編をやりませんか? tellお待ちしてます。」
そんなシャウトが南サンドリアに響きました。

その時、私はまだこの「パーティの心得」を終えていませんでした。
初級編では同じ所属国でフルPTを組み、
中級編では同じ種族でフルPTを組み、
上級編では同じジョブでフルPTを組んで報告するというクエスト。

報酬も初級でもらえる「シェルリング」はともかく、
中級編でもらえる「魔道士のバラード」はぜひ持っておきたいですし、
上級編でもらえる「ホーンリング」は飛命が+4と狩人などにはもってこいのアイテム。
ひとつでもクリアしておきたいと思ってその方にtellを送ると、
ほどなくしてPTに加えていただく事ができました。

さて、このクエストですがある程度旅慣れた冒険者さんならこんな風にシャウトするでしょう。

「サンドリア出身のヒュムの方、PTの心得しませんか?」って。

国、種族をカバーし、職業はちょっとモグハウスで変えてくればいいだけの事。
そうする事でクエストを受ける事さえ出来れば、上級編まで一気にクリア出来るのです。

パーティの心得・1

(※SSは別の機会に撮影したものです)

さて、この後は少々ネガティブな内容を含みますので予め御了承下さい。
少し改行入れます。
集まってきた人はサンドリア出身のエル、ヒュム、タルタル、ミスラ・・・と見事なまでにバラバラ。
集まってきたメンバーを見て一人が
「これじゃ、一気にクリア出来ないじゃん」というような事をブツブツ言っています。

募集主さんはその時、まだ足りない一人のサンドリア出身者を求めて
シャウトを繰り返していました。
ようやく六人揃って、初級のクエストクリア。
クリア後「皆さん、ありがとうございました!」とお礼を言うその募集主さんに、
皆、「いえいえ」「こちらも助かりました」「ありがとね〜」という声をかけ合っています。

でも、一人早々にPTから抜けた人がいました。
「一気にクリア出来ない」と不満を漏らしていた方でした。

募集主さんはクエスト中もずっと黙っていたその方が、
最後もなんの挨拶もなく抜けた事をかなり気にしてか、
自分が失礼な言動をしたのかと確認をしていました。

「このクエストってね、初級〜上級までまとめて募集する人が多いんだよね」

一人の方がそう答えて、彼が不満を漏らしていたことを伝えましたが、
残った皆で
「でも気にする事ないよー」
「そもそも初級編をクリアしたいって募集してたんだしねぇ」
そんな感じの発言をしていました。

募集主さんはそこで初めてこのクエストが連続クエである事を知ったのです。
実際、募集主さんはこの次の「中級編」を受ける事がまだ出来ない位の名声でした。

「あとでさっきの方にはお詫びいれときます!」
と元気よく答えておられたその方の姿が救いでもありました。

パーティーの心得・2

誰だって全部を調べ上げてプレイしているとは限りません。
目の前で発生したクエに無謀にチャレンジして、
戦闘不能になった事は私にだってあります。
発生した「パーティの心得・初級編」というクエを見て、
「サンドリア出身の人さえ集めればクリアだ。」と思って、
自分で呼びかけてフルPTを作ったその募集主さん。
一体なんの落ち度があったというのでしょう?

そして、そのシャウトのおかげで初級クリアの機会を与えられた私達。

もし、一気にクリアしたければ、
募集主さんに希望のtellを入れた際にちょっと確認すれば良かった事。
募集主さんのシャウトはこうでした。
「サンドリア出身の方、PTの心得初級編をやりませんか?・・・」
必要な情報は網羅されていると思うのですが。

「ついでにクリア」というのは、私もよくやります。
どうせ〇〇に行くのだから、ついでにあのクエもクリアしようというもの。
だけどそれは攻略サイトなどで調べていたり、
いくつもクエを受けて目的地が同じだと知っているからこそ出来る事であって、
全く無の状態だったら?
ましてや、「パーティの心得・初級編」はかなり初期に受けられるクエストです。
(私のフレはサンドのクエクリア数10で受けていました。)

当たり前と思っている事、
その人にとっては当たり前じゃないかもしれません。

事前準備がどうしても重要なクエストやミッションもFFには沢山存在します。
そういうものならともかく、このクエの様な街の中でちょっと移動するだけで出来るものくらい、
一手間かけたって別にいいんじゃないかな・・・と思いました。

そのクエを終えた当時、
その募集主さんが、シャウトで募集する事を恐がらなければいいけどなぁと思ったものです。

でも、先日ジュノでプロミヴォン攻略のシャウトが聞こえてきました。
その募集主さんは、紛れもなくあの時の方でした。
あれから随分経ったんだなぁと思うと同時に、当時の事を思い出してしまいました。

何よりも、その募集主さんが逞しくプロミヴォンの募集をしていた事も
嬉しく感じました。
PR

2005/11/29 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-その他
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。