忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/22 06:21 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
三人で行く、ランク8への道
「そろそろサンドミッション進めようかー」
夜も更けた頃、なんとなく提案してみた私。
「いいねぇ」「行こう!」と応じるタルフレとエルさん。
このフットワークの軽さが少人数の魅力でもあります。

私達は現在ランク7。
タルフレと私は既に次の「教皇の威信」を受けられる状態にありましたが、
エルさんはまだだった為、ご自身が溜め込んでいらっしゃったコウモリの牙を
ひたすら貢いでランクポイントを稼ぎます。
その間に私達は準備完了。

■サンドM7-1「教皇の威信」

まずは北サンドリアの大聖堂に向かい教皇の部屋へ。
教皇は探索中の聖剣についてピエージェ王子と会談中でした。
教皇からの命により、ボストーニュ監獄に向かうように言われるのですが、
うーん、教皇の必死さがなんとなく胡散臭くて素直に向かう気にはなれません。

ですが、行かないと話も進みませんから行ってきました。
実際には監獄を抜けた先の西ロンフォールに出たところに目的のポイントがあります。
「???」を調べるといきなりMarauder Dvogzogとの戦闘になります。
Marauder Dvogzog・・・攻撃が早く結構強いです

構成は 74戦/忍、74黒/赤、74白/黒。

予想していたよりもなかなか強くてエルさんのHPが二桁までいってしまった事も。
「もうダメです;」と泣くエルさんに向かって、
「弱音吐くなー、はたらけー」と追い立てる後衛二人といった感じ。
戦った後は再度「???」調べる必要があるので、
ノックバックなどで落ちないようにとにかく注意をしましょう。

残念ながら寝ない為、百烈の間はタルフレのスタンと私のフラッシュが
飛んでいました。焼け石に水のような感じでしたが、
その合間を縫ってうまくエルさんが空蝉を張り替えてくれていたので
なんとかなったかなぁ。

思ったよりも苦戦した理由のひとつに、エルさん自身も言っていたのですが、
タルフレにサベッジを見せようと片手剣を装備した状態だったからではないかと。
ですが当のタルフレは「なんで今日は斧を持ってないのかなぁ」と思っていたそうです。
それから、範囲にはどうしても巻き込まれてしまう位置だったので、
タルフレや私も一緒に攻撃した方が少しは削りが早くなって
良かったのかもなぁとも感じました。

とにもかくにも勝利!早速報告を済ませてイベントを見てきます。

心優しい方です

引き続き、今度はサンドM7-2「獣人兵器の秘密」を受けます。

■サンドM7-2「獣人兵器の秘密」

次の目的地はホルレーの岩峰。ユグホトの先にあるBFでの戦闘となります。
対する敵はオーク戦車2体と竜騎士、ナイト、狩人のオークが各1体です。

構成は先ほどと同様、74戦/忍、74黒/赤、74白/黒で。
敵の初期配置今度の5体のオーク達は
きっちり眠ってくれるので安心。

タルフレのスリプガから開始して、
寝かせの管理は基本タルフレ任せ。
レジストや範囲から漏れた場合にのみ、
私がフォローするという事になりました。

寝かせることが大前提にあるので、当然戦っている相手以外はスリップ魔法はNG。
ただしナイトについては、
インビンシブルの間を寝かせで対処しようと決めていたので、
その使用までは同様にスリップ魔法は使っていません。

倒す順番は、
戦車×2→ナイト→竜→子竜→狩人の順に。
戦車のあとナイトを先にしたのは、
初期配置の位置から見てなんとなく「ボスっぽい=強い」というイメージがあったのと、
睡眠に対する耐性が三体のオークの中では一番高そうという予測から。
狩人を最後にしたのはイーグルアイ対策。

ソロや二人で行く人も多いと聞くこのBFでしたが、
やはり5体(+1体)の敵を相手にする事から、それなりに身構えていきました。

なんでこっち見てるのー!イーグルアイが怖いです

・・・が、とても弱かったです。
ついさっき戦ったモンクオークの方が強いと感じたくらい。
ある程度のレベルがある事が前提とはいえ、ソロ、二人などでクリア出来るのも納得です。

とどめは光連携で綺麗にしめることが出来ました。
「美しい」「パーフェクト!」という声があがってましたよ。

光連携でとどめ。うつくし~

ここに来て謎の女冒険者が登場したり、また気になる展開になってきました。

さぁ、ついに私達もランク8になりました。
報酬でもらった60000ギルが嬉しすぎます。

ランク8です。やったー

この調子で目指せ、ランク10!

----------------------------------------
■サンドM7-1「教皇の威信」
ガードからミッションを受ける →
北サンドリアの大聖堂最上階のDoor:Papal Chambersを調べるとイベント→
ボストーニュ監獄E-10の出口から西ロンフォールへ。
出た所にある「???」を調べるとMarauder DvogzogがPOPするのでこれを倒す→
倒したあと再度「???」を調べ、「古代サンドリア語の石版」を入手→
北サンド大聖堂のDoor:Papal Chambersを調べるとイベント

この時点でミッションは終了。
このあと、ガードと会話するとドラギーユ城内ローテの庭でイベント。

Marauder Dvogzog
スリプル・リポーズ×、パライズ○、スロウ○、ブライン○
百烈拳使用。
戦う場所がとても狭い為、ノックバックで下に落とされないように注意。
また後衛は範囲に巻き込まれる可能性が非常に高いので、
ストンスキンなどをしっかりかけておくのが無難。
HPが多くてなかなかタフです。(HP10000ちょっとありそう)

■サンドM7-2「獣人兵器の秘密」
ガードからミッションを受ける →
ホルレーの岩峰にてBF戦「獣人兵器の秘密」→
勝利後イベント。「クリスタル・ダウザー」入手 →
ガードに報告するとランク8へ。報酬は60000ギル。

「獣人兵器の秘密」BF戦
敵:
Reaper Clan Warmachine(戦車タイプ・左後)
Wolf Clan Warmachine(戦車タイプ・右後)
Derakbak of Clan Wolf(竜騎士タイプ・左前)槍が目印
Jagidbod of Clan Reaper(狩人タイプ・右前)ハゲが目印
Darokbok of Clan Reaper(ナイトタイプ・中央前)盾が目印

初期配置については文中のSSもご参照ください。
(拡大している為見づらいですが)

いずれのオークも
スリプル・リポーズ○、サイレス○、パライズ○、スロウ○、ブライン○、グラビデ○

ジョブ持ちのオークはそれぞれ2hアビを使ってくる。
注意すべきは狩人のイーグルアイ。
HPが半分程度になったところで使ってきました。

戦闘の流れ
開幕スリプガ→戦車→戦車→ナイト→竜騎士→子竜→狩人の順に
適宜寝かせながら倒しました。

寝かせ役はヘイトを稼ぎやすく、状況次第では一斉に叩かれる事もあるため、
ストンスキンなどは切らさないように注意してください。
多分、レベル70もあればパーティでワイワイ叩きながら楽しめるBFではないでしょうか。
PR

2008/05/19 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-三国ミッション
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。