忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/28 13:44 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
「翼持つ者」になりたい(後編)
「翼持つ者」になりたい(前編) の続きです。

「クゥダフの呪符」を落とすNM「De'Vyu Headhunter」の強さに倒れた私達は、
作戦変更を行い、私が戦闘不能になったものの、フレの魔法攻撃で見事にリベンジに成功。
歓喜の声をあげた私達は、その喜びが一気に落胆の色を帯びたものになったのです。

翼持つ者

De'Vyu Headhunterは、私の目の前で倒れました。
とうとうこれで飛空艇に乗れるんだ・・・フレも私もそう思いました。

De'Vyu Headhunterは、クゥダフの呪符を持っていた!

ドロップアイテムが表示され、私は固まってしまいました。
「一個だけだ・・・」「もう一回やるのか」
半ば呆然としながら、私はかかっていたリレイズを使って蘇生しました。
実はフレのお友達の情報でこのアイテムはPTのメンバー数の分は
確実に出るという事を聞いていたのです。
そういった事もあり、一個しか出ないという事は全く頭に入っていなかったのです。

「まぁ、仕方ない。がんばろー!」「おう!」

私達は四戦目の準備をする事にしました。作戦は先程と同様。
でも、負けてしまいました。

「さっきの三個ドロップのうちの一個が(一個ドロップの時に)来ていれば良かったのにね」
「やっぱりまだ早かったかなぁ。勝ったのはマグレだったのかな」
二人の会話もやや沈みがちになってきていました。

五戦目も叩きのめされた私達は一度ホームポイントに戻り休憩する事になりました。
そして休憩後さらなる相談の上、構成は元の状態に。
つまり、フレが黒/白に、私はモ/白に戻したのです。
二人共、呼び出し回数が僅かに残っていたタクティクスパールも使い切っており、
あとはシグナルパールの一回しかフェローが呼べません。
私のラディールさんは、フレがNMを釣った直後に使う事を確認して
(というのも、ラディールさんが回復タイプの為、無駄なMPを使いがちなのです)
「これでダメだったら、今日は諦めよう」
そう言って、NMへと向かって行きました。

倒すぞぉ!!

百烈を使って削り、フレはひたすら回復。
フレのフェローも強力なWSでサポートしてくれます。
ラディールさんも珍しく、ちゃんと回復してくれて、フレのMPをサポートします。

De'Vyu Headhunterの攻撃。クリティカル!
→レアに、139ダメージ。
De'Vyu Headhunterの攻撃。クリティカル!
→レアに、117ダメージ。

残りHPが400程度の時に、上の様な怖いログも流れましたが、
それでも無事に勝利。最後はフレのドレインがとどめを刺しました。
「やったー」とは今度は出ませんでした。
「ふぅ」という安堵の溜息が出ていました。

De'Vyu Headhunterは、クゥダフの呪符を持っていた!
De'Vyu Headhunterは、クゥダフの呪符を持っていた!
De'Vyu Headhunterは、クゥダフの呪符を持っていた!


今度は3個ドロップ!
さっき勝った時に出て欲しかったですけれど、それはまぁ仕方ないですね。

先に手にした「クゥダフのト占甲」とようやく手に入れた「クゥダフの呪符」を携えて、
まずは天晶堂へ出向き、この二つのアイテムを
「妖光の数珠」「漆黒のマチネー」に交換してもらいます。
さらに既に入手している「銀の鈴」と合わせて、再びベドーの中にあるクゥルンの大伽藍へ。

ようやく終わりました。
三つの魔晶石を揃えたところで久しぶりにカムラナートとご対面。
飛空艇パスをもらい、さらにサンドリア大使館への報告を済ませてランクアップ。

もちろん、その後は・・・

starring1
starring2
starring3
starring4
fin

初めて飛空艇に乗ってきました。
PR

2006/06/24 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-三国ミッション
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。