忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/19 16:17 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
フェロー:ふたりの想い
現実世界と同じく、ヴァナディールでも誰かの助けなくしては生きて行く事は出来ません。

ですが、一度くらいは「自分の力を試したい」と思う事はあるでしょう。
かつてはパーティでしか倒せなかった敵をソロで倒せた時、
ソロで何かをクリア出来たときというのは、相当に嬉しいものがあります。
でも、それだけで終わらないはずです。
ソロでやるよりはずっと楽に物事が進められる「パーティ」のありがたさが分かるはず。
ましてや、ソロでの行動に失敗してしまった場合は、
尚更、自分以外のプレイヤーの存在が大事なものか感じるのではないかと思います。

フェロー関連のクエスト「ふたりの想い」はそんなクエストでした。
ふたりの想い

ルトからフェローであるラディールが、クフィムで大怪我をして
病院に運び込まれたという話を聞き、慌てて私はモンブロー医院へ駆けつけます。
モンブロー医師に状況を聞くと、「無茶さえしなければ大丈夫」と
言われてほっと胸をなでおろす私。
そこへやってくるラディールに「大したケガじゃないのに・・・」と
素っ気無い態度を取られてしまいます。

とりあえず心配していたルトにも報告しに行くと、彼女は誰かと立ち話をしていました。

なにやらルトが誰かと立ち話

このルトが話しているエルヴァーンのお爺さんが今回の主役の一人。
どうやらラディールがケガをした原因となる情報をルトに教えたのはこの人物のようです。

この人もかつては冒険者でした。
相棒のヒュームの男性と共に。
思い出を語り始めるエルヴァーンのお爺さん。
若々しく笑顔に溢れる思い出は、ある出来事をきっかけに一転してしまいます。

「相棒とは所詮そんなもの」と悲しげに語る彼の話を聞きながら、
ルトは私とラディールの姿を重ね合わせます。
ラディールはまたクフィムに向かっているのではないか・・・というルトの言葉で、
私はラディールを追うことになります。

ようやく追いついた先で見つけたのは、ラディールだけではなく巨人も一体いました。

巨人との戦闘

いつもの様にラディールと共に戦う私。
無事に勝ったというのに、ラディールはなんとなく元気がありません。

「自分の力を試したかった」
「いつも、頼ってばかりだから」

ラディールが二度も一人でクフィムに向かった理由はこれでした。
ルトがクフィムの情報をもたらしたエルヴァーンのお爺さんの話をすると、
ラディールが彼の相棒のヒュームに心当たりがあると言い出します。

モンブロー医院で久々の再会を果たす二人。
二人の関係が一転してしまった直接の出来事の回想シーンが挟まれます。
それはとても悲しい話で、ヒュームの男性はその時のショックが原因で
ずっと心に傷を負っていたんですね。
そんな二人は再び手を取り合う事になります。
詳しい事はあえて書きませんので、未見の方はどうぞ直接ご覧になってください。

イベントを見ながら「いい話だなぁ・・・」と
結構感情移入しながら見ていたのですが、
最後にフェローと自分との会話イベントを見た時に、思わずクスッとしてしまいました。

それは・・・

ラディールさん大喜び

ラディールさんのこの喜び方を見たから!

普段の彼女からは想像つかないこの喜び方を見て、
最後の最後で「単純すぎるよ〜」と笑いながら心の中で突っ込みを入れていました。

クエストのクリアに伴い、レベルの上限が60に上がりました。
これでしばらくは安泰かなぁ。
初めてフェローを手にしてから、とうとう関連のクエストも残すところあと一つになりました。
条件がフェローのレベルが56以上なのでまだ当分先になりそうですが、
なんだかんだでここまでこれた事が感慨深いですね。

-------------------------------------------

ふたりの想い(フェロー限界突破クエスト2)
依頼人:Luto Mewrilah
内容:フェローが怪我をして病院に運ばれたので様子を見に行って欲しい。
条件:フェローのレベルが51以上、親密度55以上。
「真珠色の思い出」をクリア済み
報酬:フェローのレベル上限が60になる
攻略:
Luto Mewrilah(ジュノ上層G-9) → Monberaux(ジュノ上層G-10・モンブロー医院)
→ Luto Mewrilah(ジュノ上層G-9)→
クフィムE-6 骨のそばの「Giant Footprint」を調べるとイベント&戦闘 →
戦闘終了後フェローと会話 → Luto Mewrilah(ジュノ上層G-9) →
Monberaux(ジュノ上層G-10・モンブロー医院)
メモ:
クフィムでの戦闘「Ingaevon」(巨人)は
LV53白とLV52攻撃フェローだけでは結構きつい時があるような戦闘でした。
パライズ・スロウ・ブラインは普通に入ります。
スキルアップの様子から53白から見て丁度以上と推測。

PR

2006/11/18 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-フェロー
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。