忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/23 18:13 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
「記念」ってコワイ
エルさんのヴァズ取りの為にフェ・インへ行った時のこと。
次から次へと敵を狩っていく私達の移動ルート上に現れた一体の敵。
それはあの「キャシー」こと「Capricious Cassie」でした。

「いってもいい?」と準備運動を始めるエルさんを制する私。
「あれはちょっときついよー」
「えーダメ?」
「うーん・・・」
行ってもあっさり倒されるだろうと思って躊躇してしまうものの、
私も出来たら戦ってみたいし興味はあります。

誰かNMに詳しそうな人は・・・とフレンドリストを見てみると・・・いた!

フレさんにテルを入れて早速キャシーのことを聞いてみると、
やっぱり二人では厳しいでしょうという話。

「レベル的には70くらいで、臭い息とかが大変」
「HPが45000くらいで、引き寄せにダブルアタックもあって・・・」
やっぱり記念撮影くらいに留めておくか・・・と思ったら、
引き寄せもあるのかぁ。不用意に近付くところだった!
(ただ、見破りはない為スニークをかけていれば実は安全なのだそうです)
さらに
「30分超えるとハイパー化するし、パライズ完全耐性だったかな。白泣かせです」
聞いているだけでクラクラしてきそうです。
こわごわキャシーを見つめる二人。

こちらではエルさんと二人「特攻しなくて良かった」と話してはいたのですが、
でもやっぱり目にしたNMが気になって仕方がない様子のエルさん。
いえ、実は私も気になりっぱなしです。
私がこうして話している間に、他のプレイヤーさんがソロで挑んでいましたが、
あっという間に倒されてしまったのを見て、やっぱりスルーしようと思った時でした。
色々と説明をしてくれていたフレさんの一言が私達の運命を変えます。

「"記念"にやられてみるとか!今後の参考にさw」

うん、それなら出来る!
「記念にやられてきたら?って言われたw」
「よし、僕一人で行ってくる!」と嬉しそうに装備を替えるエルさん。
「えー、いくなら私もいく」
私はキャシーに少しずつ近寄りながら、フレさんに特攻の報告をしました。

「その気になってきました」
「"記念"ってこわいね」とフレさん。
「華麗に逝ってみせますよ!」と高らかに宣言する私。

その後・・・

どあっぷ!

「攻撃はやいな」「寝た!」「あー、殴られるまで後ろむいてて」
「うわーオレへただー」「痛すぎる」「Zzzz」「ごめんー」

といった感じの阿鼻叫喚の激しい戦い(?)の末、
フェ・インのひんやりとした床に倒れこむエルさんと私。
夏場だったらさぞ気持ちよかったことでしょうね。

でも、それだけでは終わりませんでした。

キャシーに倒されてしまった私は、あろうことか戦闘不能直後に
「Enter」を連打してしまったのです。この意味が分かりますか?

ふふふ・・・(壊)

私には当然のようにリレイズがかかっていました。
つまり・・・

「ああああああ」と叫ぶ私。

慌ててももう遅い。私の身体はキャシーのすぐそばでふわりと浮き上がり見事な生還。

「えええ」と驚くエルさん。

そして、見事にキャシーに見つかって・・・。
当然と言えば当然ですが、リレイズを掛け直す暇なんてあったもんじゃありません。
キャシーは私に真のとどめをさすと悠然と遠くへいってしまいました。

「うわああ、ごめん!」
「いやいやwなにやってんのw」
「ほんとごめんー」
「いいとこもっていかれたw」

申し訳ない事にこの大ポカのせいで、エルさんまでもがフルロストという事に。
笑って許してくださいましたが、あの時は本当にすみませんでした。

とはいえ、個人的にはキャシーと戦える機会なんてそうそうないと思うので、
実際に戦うことが出来て楽しかったぁ。
これまでも「記念」という言葉のマジックで色々と経験してきましたが、
今回のキャシーとの戦いは非常に強いインパクトを残してくれました。
なにごともチャレンジですよね。うんうん。
PR

2008/10/23 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-ハプニング
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。