忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/13 06:41 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
ラミア13号討伐作戦
「ラミアいきませんかー?ディスペル・フィナーレ使える方募集」
といったシャウトを目にする機会が多いので、名前だけはよく知っていたアサルト。
構成次第では気軽に行けるらしいという事は耳にしていたのですが、
それがどういった攻略方法によるものなのかはよく分かっていませんでした。

敵は作戦名にもなっている「ラミア13号」。
このラミアはフォモルを三体従えています。
倒すべき相手としては「ラミア13号」がターゲットなのですが、
その障害としてフォモル達もいるというわけです。

今回この作戦をクリアするにあたって、その攻略方法を調べてみて納得!
単純に「ラミア=魅了」なので、
味方が魅了されたのをディスペルするんだ・・・くらいにしか理解していなかった私。
最初にこのやり方に気がついた人は柔軟な人だなぁと思います。

というわけで、私達も先人に倣い、ディスペルが使える人は
該当のジョブやサポをつけての参加となりました。

その結果、
戦/忍、赤/白、赤/?、白/黒、黒/赤、白/赤 という後衛支配なパーティになりました。
ラミアを倒すのはNPCにおまかせー

作戦としては、ラミアに魅了されているフォモル達の魅了を解除していき、
フォモル三体によるラミアへの攻撃だけでターゲットを倒すというもの。
戦士さんは適度にタゲを取りながらマラソンする役。
白/黒さんはその戦士さんのフォロー。
残った四人はディスペル持ちの為、三人はフォモルの担当を決めて、
万が一レジられた時の為に一人がスタンバイしておく役となりました。

エリア内を巡回中のラミアを見つけて作戦開始。
早速ディスペルをしようとしたら、一瞬早くフォモルの方が私達に気がついて
よりによってディスペル担当の三人にスリプガ。
助かったのは白二人がその範囲外にいた事と、
魔法フォモルに対してのディスペルがスリプガをもらうのと
引き換えに入っていたことでした。

ですが、危なかったのはこの最初くらいで、あとはフォモルを応援するだけ。
ある程度まで削れたところで、全員でラミアに攻撃をして終了。
これは想像以上に楽でした。これなら気軽にポイント稼ぎが出来そう。

・・・というわけで、
後日、エルさんとタルフレ、私の三人で、戦、赤、赤という構成で
60制限でもやってみましたが、クリアする事が出来ました。
今後チケットに余裕がある時は、時々クリアしてポイントを貯めたいなぁ。

---------------------------------------------

ラミア13号討伐作戦(イルルシ環礁-イルルシ監視哨)

作戦目標:「ラミア13号」の撃破
条件:一等傭兵以上
制限:30分制限、レベル70 3人~6人

クリア時:
無制限 75戦、白、黒、赤、赤、白
60制限 戦、赤、赤

敵:
Lamia No.13
矢衾・・・前方範囲ダメージ
ベリーダンス・・・範囲魅了

魅了については、その時ラミアがターゲットとしているパーティの範囲が対象。
つまり、フォモル側、プレイヤー側の両方が一度に魅了されることはない。

Fallen Volunteer 戦士タイプ
Fallen Imperial Wizard 魔法タイプ
Fallen Imperial Trooper 暗黒タイプ
ラミア13号討伐作戦マップ
作戦:
フォモル三体にディスペル(フィナーレ)をかけて
魅了を解除し、あとはフォモルに攻撃をまかせる。

ラミアにはグラビデを。
適当にスリップ系の魔法を入れておくのも有効。

フォモル達に強化をかける事は可能だが、
魅了時にディスペルをした際、魅了よりも先に
強化を解除してしまうことになるため回復のみが良い。
同様のことはプレイヤーが魅了された場合にも言える為、
プレイヤーも強化はしない。ストンスキン程度に留めておくとベター。
PR

2009/02/07 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-アサルト
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。