忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/23 18:19 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
「土竜作戦」を三人で(50制限)
この記事は「試行錯誤の初アサルト」の続きとなっています。

初アサルトを三月はじめに経験して大失敗。
それから数週間ほどが経過し、改めて私達は土竜作戦をクリアしようと
レベロス風穴の前に立っていました。

今度こそは!!

今回は「戦、赤、赤」の三人で!
そうなんです。この空白の数週間にタルフレと私の赤魔道士が
レベル50に達していました。
前回は70制限下でのクリアを目指しましたが、
今回は50制限でのクリアを目指します。

基本的な動きは初挑戦の時と同じ。
途中で分岐するところでは、タルフレがソロで、エル戦さんと私は二人で
削岩開始。タルフレが岩を壊したら二人に合流。
4つ目の岩を壊したら、エル戦さんはスタート地点に戻る。
5つ目の岩はタルフレと私の二人で壊す。とまぁ、こんな感じです。

「今日はクリアするぞー!」
「おー!」「おー!」
ルートは三人とも頭に入っているのでスイスイと進んで行きます。
最初の岩を難なく壊し、分岐ルートへ。

「<タルフレ>がんばって!」 「グッドラック!」
「いってきまーす」

インビジで隠れているので分かりませんが、
きっと軽快な足取りでソロのルートへ向かっているであろうタルフレを
見送る余裕もなく、エル戦さんと私は別ルートへ足を止める事なく進み、
次の岩を壊しにかかります。

エン系のダメージで削るにはまだ力不足なので使用せず。
基本はバイオII、精霊弱体三種、そして精霊魔法を時折織り交ぜます。
精霊魔法はII系を使う必要は全くなく、I系で十分。
MP消費とダメージのバランスが一番良い精霊魔法を連打します。
時折連携が出来た時には、きちんとマジックバーストを狙って少しでも削ります。

「壊れた!」エル戦さんと私が削っていた岩が壊れました。
次の岩へと進みすぐに取り掛かります。
削り始めて間もなく、タルフレの方の岩も壊れました。さすがに早い!
合流後ついに四つ目の岩を壊すことに成功。最後の岩へと向かいます。
「じゃあ、戻るね」
エル戦さんはここでスタート地点に向かってダッシュ!

初めて手を付けることが出来た最後の岩。そのHPも残り半分。
もうゴールは見えています。
ですが、無情にもこの時システムメッセージでは残り時間1分という知らせ。
「無理だ~~~w」と言いながら必死で精霊を織り交ぜたものの、
さすがに間に合いませんでした。

でも、
「かなりの進歩」
「もう一回やってみよう!」
「うん!」
と、クリア出来る見通しが出来た事で盛り上がっていました。

二回目。
この回ではエル戦さんの離脱のタイミングをずらす事になりました。
一回目では四つ目の岩を壊した時点で離脱していたのを、
五つ目の岩を半分削るところまでは一緒に行動してもらう事にしたのです。

削岩も楽じゃない

そして、私達は既に五つ目の岩を削り始めていました。
五つ目の岩も半分ほど削ったところで残り時間5分というアナウンス。
これはさっきよりもかなり早いです。
エル戦さんに途中まで残ってもらうという作戦変更は大正解でした。
エル戦さんはためていたTPを最後にWSで放出し、スタート地点に戻ります。

「あと少し」こちらの状況を説明します。
「スタート地点着いた」エル戦さんも到着。
時間は・・・ギリギリか。

ついに・・・ついに削岩成功!!!

作戦目標を達成しました。
(F-10)地点に帰還の幻灯を開放します。


「よし!」「おし!」安堵するタルフレと私。
でもエル戦さんはそういう訳にはいきませんでした。

残り時間あと1分(地球時間)です。

「どうするん?」「どこ;;」
一応事前にエル戦さんがどうするかは説明しておいたのですが、
想定外のことが起こったのです。

それは・・・この作戦のスタート地点はG-11付近。
一方、ゴール地点はF-10なのです。
エル戦さんはスタート地点に戻っていたので
どうして良いか分からなくなってしまっていたのです。

「こっちか!」座標の違いに気がついたエル戦さん。

残り時間あと30秒(地球時間)です。

「まってえええええええ」

残り時間あと10秒(地球時間)です。

「あった!」
「調べて!」

作戦に失敗しました。作戦領域を離脱します。

ガーーーーーーン。
「今、目の前だったのに・・・ごめん」 「仕方ないよ~」
「あと5秒あればとれたのに・・・」 「気にすんなー」
初めてだし仕方ないよね。
私も同じように行動していたらきっと大慌てだったと思います。
ですが、エル戦さんの落胆ぶりは本当に激しかったです。気持ちはよく分かります。

「これは、もう一回ちゃんとやってみろってことだよね」
「やりたい!」
「やってみるー」

懲りない面々とは私達みたいな者を指すのでしょうね。
ですが、一番のネックであった「三人で5つの岩を壊す」というのが
私達にも出来るという事がはっきり分かりました。
あとはちゃんと制限時間内に調べてクリアするだけ。エル戦さん、次はまかせたよ!

毎度ご利用ありがとうございまーす

それぞれが「次こそは!」と思いながらまた入り口に立ったのです。

一つ目の岩を出来るだけ早く処理。
二手に分かれてエル戦さんと二人になってからは、
精霊も織り交ぜながら少しでもペースアップを図ります。
この二つ目の最中に最初のコンバート。
もう一回最後にコンバートを使いたいので、
HPはリジェネで回復させつつそのまま四つ目の岩に向かいます。

しばらくすると三つ目の岩を壊したタルフレも合流。
アサルトそのものは失敗だったけれど、一度五つの岩を壊したという自信は
最初に壊した時以上のハイペースで四つ目の岩の堅い守りを削り取っていきました。

「ペース上がってる」
「よし、ラストだ」

ゴールは目前

最後の岩。
半分削ったところでエル戦さんが戦線離脱してゴール地点へと向かっていきます。
「次はよろしくね!」 「がんばれw」 「おうww」

残り時間あと5分(地球時間)です。

タルフレも私もこれが最後とばかりにMPも惜しまず使って削っていきます。
ついに、エル戦さんがゴール地点に着いたのとほぼ同時に、
タルフレと私は最後の岩を削りきっていたのでした。

近くにPOPしたであろう箱を調べるエル戦さん。
それで安心したのか、のんびりしている様子。

「箱消えた」
「なんか???ボックスっていうのもらった」
「ロットしないでいいの?」

違うんだ!エル戦さん、それで終わりじゃないんだ!
焦るタルフレと私。

残り時間あと1分(地球時間)です。

「近くにあるリリースなんとかっていうの調べて」
「Rune of Release を見つけました!」
「それしらべて!」
「しらべるよ~」

どこまでものんびりなエル戦さんに苦笑しつつもついに念願のアサルト初クリア。
成功までに何度も失敗してしまいましたが、こうしてクリア出来て良かったぁ。
あーでもない、こーでもないと楽しかったです。

もう一回くらいクリアしたら、「謎の証文」をもらって
「アルザダール海底遺跡群」へのフリーパスをゲットしたいです。
(※「謎の証文」はサルベージに挑戦する事で消費されるので注意)

今後はサンクションの効果時間も延ばしたいので、
出来ればランクアップ(?)させたいのですが、調べてみると結構大変そうですね。
でも、土竜作戦についてはクリア出来る事が分かったので、
スキル上げやポイント稼ぎのついでにクリアしつつ、
他のアサルトにもいずれ挑戦していってみたいなぁと思っています。



--------------------------------------------

土竜作戦(レベロス風穴-ハルブーン監視哨)
作戦領域:レベロス風穴
作戦目標:落石の破壊
レベル・人数:レベル50 3人~6人

クリア時構成:50制限・戦 / 赤 / 赤

内部マップ:
「土竜作戦」マップ
※ルート上の最低限の情報しか記されていません。
※キキルンはノンアクです。

作戦:自ら岩を破壊

最初の岩
三人で出来るだけ早く壊す。壊し終わったら即インビジなどしてダッシュ!
二つ目、三つ目
分岐北ルートは魔道士ソロ。東ルートは二人で。
暗黒魔法スキル、INTが高いほうがソロにまわるのが良さそうです。
四つ目
特になし。ひたすら削る。
最後の岩
半分ほど削ったところで一人はゴール地点の(F-10)に向かう。

戦士は両手斧でアーマーブレイクなどを織り交ぜつつ or 二刀流でガシガシ
お好みでどうぞ。
赤はバイオII、精霊弱体三種によるスリップダメージ、精霊を使う場合はI系で十分です。
※毒は無効なので注意


PR

2008/04/06 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-アサルト
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。