忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/24 16:45 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
緊張のイフ釜歩き
「イフリートの釜」(以下、イフ釜)
イメージするだけでも灼熱地獄のような情景を思い浮かべてしまいます。
クエストをクリアしようとやって来たのは良いのですが、
立体構造のこの場所は地図を持っていない身では少し苦戦しそうな予感。

クリアするのは「王への挨拶」と「火のなる木」の二つ。
前者は「ワイルドパママ」を指定の場所にお供えしてくるというもの、
後者はユタンガ大森林で手に入れた四本のツルのうち、
一番火に強いものを探してくるというもの。
どちらも成功報酬が5000ギルでちょっとしたお小遣いになります。

ヨアトルから走っていると、イフ釜に近付くにつれて、
地鳴りと地揺れが時々発生し、火山の傍に来たという実感を得ます。
エリアチェンジをすると、目に飛び込むのは赤というよりは朱色に近いマグマの色、
それまでの緑に溢れる場所とのギャップを思い知らされる瞬間です。

時折吹き出す蒸気の間をぬって、まずはワイルドパママをお供えする為の場所を目指し、
中心部へと向かっていきました。
中央部分に行くと、そこには大きな穴が口を開けていました。
下を覗くと・・・

釜という名が相応しいと思えます

どうやらここは噴火口のようです。

グラグラと沸騰するお湯状態のマグマを抱いたそこはまさに「釜」。
この近くにワイルドパママを置く場所(Altar of Ashes)があるので、
そこにパママを置いたあとは、一緒に行ったタルフレと火口の観察モード。
イフリートの釜は多重構造になっていますが、
この釜を覗く場所にいくとその構造の一端を見る事が出来ます。

釜から見える範囲だけだと二層になっていてそんなに複雑ではないように見えますが、
この釜を中心に多くの通路が放射状に出ています。
その通路同士のつながりを理解するには、もう少し周囲の敵に余裕を持って
対処出来るレベルでないと私には厳しいかなぁ。

熱いよー

次は「火のなる木」のクリアを目指して「Flame Spout」めぐりです。
イフ釜の中を探索していると、ところどころ地中から大きく炎の壁が噴出す所があります。
そこを調べていけばいいという事なので、割と楽な気持ちで臨んだのですが、
最初の場所に着いた時点でその気楽さは消えてしまいました。
そばにはボムがうろうろ〜。
炎の壁の前で姿を出した状態でSS撮っておこう!なんて
ちらっとでも思っていた事をすっかり忘れてしまいました。

何度かチャンスをうかがいながら、まずは私が調べる事に成功。
安心してすぐにインビジをかけてしまうとボムが反応するので十分距離を取ってから・・・。
と思って走りこんだ先には別のボムがこっち見てるし!
魔法だとか関係なく、普通に見つかって攻撃されてしまいました。

「ごめんー、放置して!」
適当に距離を取りながら、ダメ元のつもりでスリプガをお見舞いすると、
意外な事にあっさり寝てくれました。
それを見たタルフレが、タイミングを合わせてスリプル?でぐっすり眠らせてくれました。
そして二人でログアウト。

そーっと辺りをうかがうように再ログインした時には、ボムはいなくなっており、
私よりも先に再ログインしていたタルフレも無事に一ヶ所目の炎を調べ終えた後でした。

敵の動向にもヒヤヒヤ

二ヶ所目に調べた場所は二体のボムがウロウロ。
炎の噴き出すタイミングと二体のボムの視界に入らないというのが結構厄介で、
そばを行ったり来たりしながら、慎重に時間をかけて万全の状態でチェック完了。

三ヶ所目はタルフレの提案で一度外に出てから目的の場所に行く事に。
いつものようにエスケプを唱え始めるタルフレ。
ちょっと・・・そこはボムから近いんじゃ・・・。

「ぎゃーーーきたーーーー」
「さすがに寝かすの無理そう」
「放置で・・・あ、ヤラレタw」

奥に見え隠れするワイバーンと、傍にいるボムとの狭間でドキドキしながらレイズをし、
即エスケをした私達は、誰の目から見ても逃げ帰っただけのようです。

結局、衰弱回復を待って三ヶ所目へ。
多分私達が入った入り口からは一番近い場所だったという事もあって、
ボムも一体でしたし、案外楽にタイミングを取る事が出来ました。

三ヶ所の炎の壁を調べたあとの私達の開放感と言ったら!
それまで必要最低限のことしか流れなかったチャットのログが、
一気に雑談などで流れていきます。
「あーカキ氷食べたい」
そう言ったタルフレの気持ちがよく分かります。

こちらのクエをあまり余裕のないレベルで攻略する際には、
できるだけ夜間を避けて行く方が良さそうです。
夜になるとアクティブのコウモリもPOPする為、
スニーク(オイル)を頻繁に使う可能性がある分、難易度が増してしまいます。

それにしても怖い場所でした。ワイバーンにトカゲ、サソリに、ラプトルもいました。
途中何ヶ所か採掘ポイントを見つけて、
「ここ掘るといい物が出るかなぁ」と話をしていたのですが、
とてもその場所でインビジを解除してつるはしを振り回すなんて出来そうにありませんでした。
やはりお金を稼ぐのは楽じゃない。採掘師の方々も命がけだなぁと感心しきりの私でした。


--------------------------------------------

王への挨拶
依頼人:Hari Pakhroib(カザム I-11)
内容:カザムの王である火の山の火口にお供え物を捧げて欲しい
報酬:5000ギル
攻略:
Hari Pakhroib(カザムI-11)と会話 →「ワイルドパママ」を入手 →
ヨアトルI-6からイフリートの釜へ。分岐は全て左を選びながら火口の見える場所へ
→ I-9「Altar of Ashes」にアイテムをトレード →
Hari Pakhroib に報告して終了。
メモ:
以降、「ワイルドメロン」→「ワイルドパイン」→「ワイルドパママ」・・・
といった具合に繰り返しクエストを攻略することが出来る



火のなる木
依頼人:Soun Abralah(カザム H-9)
内容:「煉獄の木材」を切り出して来て欲しい
報酬:5000ギル
攻略:
Soun Abralah(カザム H-9)と会話 →
ユタンガ大森林 H-9 の四ヶ所にある「Firebloom Tree Root」から
「北のツル」「東のツル」「南のツル」「西のツル」を切り出す。
(ツルは「だいじなもの」扱い、まさかりは不要)→
イフリートの釜にある「Flame Spout」を三ヶ所調べる →
ユタンガ大森林 H-9にて炎に耐えたツル部分から「煉獄の木材」を切り出す →
Soun Abralah(カザム H-9)に報告して終了

メモ:
イフ釜の「Flame Spout」は全部で四ヶ所あります。
今回は私が行った三ヶ所に関して行き方をメモメモ。
ヨアトル大森林のI-6からイフ釜に入ったことを想定して書いています。

Point1
入口から最初の分岐を右に行くと、ルート上に「Flame Spout」
近くにいるボムは一体。

Point2
入口から最初の分岐を左に → ワイルドパママを供える祭壇の所で通路に →
そのまま右手沿い、広場に出て再び通路に入ったら直進(火口が見えます) →
火口まで来たら左の通路へ、道なりに進むと「Flame Spout」
そばにはボムが一体。

Point3
Point2の「Flame Spout」を越えて先へ → 道なりに進むとまた火口に到着 →
すぐ左側にある通路へ行き、そのままひたすら道なりに進むと「Flame Spout」あり
そばにはボムが二体。


※今回私が辿ったルートは2-3-(エスケ)-1の順です。
※2、3の場所に行くにはヨアトル大森林のG-6から向かうと楽です。
その場合、1には向かわず、3のポイントから先へ進むと
四つ目の「Flame Spout」があります。参考までに・・・。

PR

2007/07/23 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-アクティブ!
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。