忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/28 16:08 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
勝利は君の手に。
ミッション2-3「他国を回れ」で最後のドラゴン戦を控えたエルさん。
少し前からドラゴン戦の話が私達の間でも話題にのぼることが増えました。
そのドラゴンをとうとう倒しに行く事になりました。
お供するのはタルさんと私。構成は戦士(エル)、黒(タル)、白(私)。

「前衛は<エル>さんだけだからねー、勝利は君の手にかかってるよー」
と軽いプレッシャーをかけつつ、集合場所であるウィンダス水の区へ。

アイテムなどの受け渡しを済ませると、
目指すはギデアス。バルガの舞台です!

BC前でエルさんに何か戦法があるか確認。

「んとー『ガンガンいこうぜ』で」
「了解」「わかりました」
「何かある?」
「今までやって来た事を存分に発揮してください〜」
「倒す順番だけ、目玉→ドラゴンで」
「分かった。がんばる」

そういうと、おもむろに着替え始めるエルさん。
あれ・・・?装備変えるんだ?
お友達から頂いたサブリガを履くエル氏

頂き物の「サブリガ」を装備。
そして、/hurray を二度ほど。どうやら気合入れのようです。
「きっとドラゴンも目を奪われるよ」
ぜひ、BC内でも着用してもらいたいものですが・・・。

再びチェーン装備に着替えると、「地味に緊張するね」と本音がポロリ。
実はタルさんも私も久々のドラゴン戦で緊張していました。

エルさんがBCへと消えていきました。
後を追うようにタルさんと私がBC内に突入。
イベントを見終えたエルさん。開口一番「いのちをだいじに」
作戦変わっちゃった(笑)。
だけど、それに返事をする人はいませんでした。
もう作戦の変更はききません。「ガンガンいこうぜ」で固定です。

「ドラゴン倒すぞー!」
「うおー!」「いくぜーー!」

私はエルさんへのリジェネを。
タルさんは精霊の印からスリプルをドラゴンに。
エルさんはもちろん、目玉(Searcher)に向かって攻撃開始。

アシッドボルトがうまく入って防御ダウン!幸先がいいです。
あと少しで目玉が沈む・・・という所で、追い込みをかけるべく
「マイティ使って!」と指示を飛ばします。
脇ではドラゴンが目覚め、スリプルをかけたタルさんに向かっていきます。
すかさずタルさんが再びスリプル。これもまた見事に入ります。

前衛は君一人!頑張れ!

目玉を倒した後は、ドラゴンです。ここからがある意味本番。
挑発を入れても自分の方に向かないドラゴンにエルさんは焦ります。
「全然こっちむかねー」
「そっち向いてないけど、タゲはちゃんと行ってるよ。大丈夫」
「攻撃されてるでしょ?」「ほんとだ」
ようやく落ち着いて削り始めた所で、ドラゴンの「カオスブレード」が炸裂します。
これは「呪い」の状態になる為、MaxHPが大幅に減ってしまうのです。
当然のように驚くエルさん。

「聖水」「つかって」

聖水を使うとそのままハイポーションを使うエルさん。
ナイス判断!と思いながら、私も印ケアル?。
ほっとしたのも束の間。思いのほか良いペースで削っていくエルさんに、
ドラゴンも焦ったのでしょうか。二度目のカオスブレード。
私の「聖水」という文字がまた躍ります。

私はエルさんに聖水を二個しか渡していませんでした。
ですが、私の手元にはまだ一個の聖水が残っています。
一方、ドラゴンのHPはまだ1/3ほど残っていました。
「<タル>さん、次来たら寝かせてみて」
「おk、まかせて」
「俺はどうしたらいい?」
「また呪われたら、攻撃やめてくださいな」
「わかった」

お願い・・・こないでー。
みんなそう願いながらも残りを削っていきます。
ここまで、タルさんも私も全く攻撃行動はとっていません。
私はともかく、タルさんは黒ですから本来は精霊で削る事も出来ます。
でもあえてそれをしていませんでした。
最後まで、それをするつもりもありませんでした。

あと少し!ここで私のMPが枯渇。
私の手は自然と「女神の祝福」にカーソルを合わせて待機していました。
もういける・・・絶対。

28、28、39・・・、32、27、28・・・、
あと少し。
28、25、30・・・24。

ドラゴン撃破!

<エル>は、Black Dragonを倒した。
Black Dragonは、闇のクリスタルを持っていた!
バトルフィールドクリアタイム:9分51秒


「おー」「やったー!」「おおおう」

hurray motionBCを出た所で、祝福の花火を打ち上げたタルさんと私。
エルさんは、ものすごーく照れておられましたが
喜んでくれたみたいでした。
ウィンダスへと戻り、領事館に報告。
そして、サンドリアに帰還してお城にて報告。

LV18でバストゥークへ行き、LV20でウィンダスへ。
いつかドラゴンを倒すと想いを秘めながらLV25。
時間はかかりましたが、見事にランク3になる事が出来て本当に良かった。
私自身も久しぶりのドラゴン戦。
少しは知っている分、エルさんよりは新鮮味が薄いのは確かなのですが、無事に勝てた時は本当にほっとしたのと、嬉しいのとが一緒になっていました。

本当におめでとう!
かねてより憧れている忍者。
そしてフェローが欲しいそうなので、ここからはLV30が目標ですね。
それと同時に、ミッションランク3をクリアして、
ランク4になる事を目指す事になりそうです。ファイトー!
PR

2006/08/27 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-アクティブ!
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。