忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/12 01:49 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
とても、とても・・・。
私にとっては本当に久々の赤魔道士でのレベル上げ。
エルモさんの呼びかけにより、四人パーティが出来上がりました。
モンク20、白20、赤22、赤22&フェローというちょっと偏った構成ですが、そこは気にしない!
オルデール鍾乳洞内に入り早速レベル上げ開始。

ナイトクエの滝の手前の細い通路をキャンプ場所にして、広場にいるキノコや、
時折邪魔になるコウモリなども含めてなんでも来い状態で戦闘です。

とてとてのカニを倒して200オーバーの経験値を得て大喜びの白さん。
久々のレベル上げパーティという白さんは、
最初は自分の動きなどがとても気になっておられた様子でしたが、
目に見えて貯まっていく経験値に【エキサイト】。
とてとてを一体倒す毎に「おおー」「やったー」と皆で騒いだり、
チェーンが繋がっただけで盛り上がるパーティはそれだけで楽しかったです。
モンクさんも白さんも一つレベルを上げて、白さんはいよいよケアルIIIです。
「明日早速(魔法を)見に行こう」と言っておられたので、
今頃はもう魔法覚えて唱えられるようになったかなぁ・・・。

コウモリはちょっと邪魔なんですよね
さて、とてとて退治で盛り上がっていたパーティだったのですが、
途中で私が電話で離席する事になりました。
この電話が思ったよりも長引いてしまい、いい感じで稼げていたのに悪かったなぁと
気になって横目で画面を見ると、三人だけで弱めの敵を相手にレベル上げを再開していました。
それを見て安心した私は電話に集中。
ようやく用件が済んだ時には三人はまた別の敵を探している所でした。

近くにいた「つよ」の Will-o'-the-Wisp を釣ってきた赤さん。
白さんやモンクさんから見ると恐らく「とて」なのですが、
その前にも倒していた事もあって、特になんの不安も持たずに攻撃を開始する私達。

「この子終わったら帰りましょうかー」
戦闘開始早々のモンクさんの言葉とほぼ同時に流れたログがありました。

順調、順調?

"Will-o'-the-Wispは、自爆の構え。"

早い、早すぎる!!これはあぶなーい。
ドカーンと派手なエフェクトのあと、そこにはモンクさんと白さんが倒れた姿が・・・。
白「強制送還キター」
モ「帰れってことかねw」
最後の最後で戦闘不能になってしまったので「あーーー」と思ったのですが、
それ以上に稼げていた事も手伝ってか、余裕の態度を見せてくれるお二人。
赤さんが戻ってレイズとデジョン2をしに来てくれるという事でお二人は倒れたままで待機。
待っている間、あと100ほどでレベルが上がる私は楽の敵を倒していき、
無事にレベルアップして終える事が出来ました。

サンドリアに戻って

デジョン2で飛ばしてもらった私がアイテムの整理をしていると、
「離席中のログ見た?w」と、こっそりとtellが入りました。
こりゃ何かされたな・・・そう思ってログを見直してみると

モンクはレアのポケットにバラをさした
あら、そんなにバラが似合っちゃう〜?・・・なんてとんでもない!
モ「こうしたら優雅になるかなーと思ってw」だって。
どーせ「優雅」じゃありませんよ!(笑)

さらに
モンクはレアの手にちくわを持たせた
なんでちくわ?「優雅」には程遠いよ!?

・・・まぁ、この程度で済んで良かったです。
前に別のパーティで離席した時は、
戻って来ると私の髪の毛は全て逆立てられていた事とかありましたからね。

離席中のログにはこんなのもありました。

赤「<モンク>を発見しました〜!(G-7)」(←マクロ誤爆らしい)
モ「えー」
赤「とてとて!」
モ「とてもとてもかっこいい?」

それに対して赤さんの答えは

赤「とてもとてもサブリガがにあう」(←確かに!)
モ「ぇー全然嬉しくない」

知ってるんですよ!本当は嬉しいって事。
だって、こんなに履きこなしてるんですから。もっと素直になろうよね!
PR

2006/12/09 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-アクティブ!
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。