忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/28 19:26 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
冒険者に照らされる街
相方が一時間程度しかログイン出来ないと言いながらも、
「レアもログインして!」とヴァナにイン。

最初は相方が飛空艇取得の為のベドーに行こうと言っていたのですが、
時間が厳しい事もあってちょっと難しいんじゃないか・・・と私が言うと、
それでも何かしたい・・・との事。

時間を見るとヴァナ時間でまだお昼前。

私「ねね、ジュノで"街燈ボランティア"やってみない?」
相方「ん?」
私「もし受けられなかったら、近くで<相方>のフェロー上げしてもいいし」
相方「おー、じゃそれ行こう」

相方も一度やってみたいと以前話していたクエストである「街燈ボランティア」をやってきました。

このクエについては以前ここでも少し記事にしたのですが、私のお気に入りのクエの一つで
いつもとは違うジュノの風景に、ほっと一息つけるという事に加え、
夜のジュノの灯は、こういった冒険者達によってもたらされているのかな・・・と
思いを馳せてみたりと想像力もかき立てられるクエストです。

自分が街燈をつけることが出来なくても
「今日は○○さんが街燈をつけてくれた。もしその人に会ったらお礼を言っておいてくれ」
というような台詞を言われるんですね。
以前、私はこの台詞もクエの一環だと思って、その方をサーチしてお礼を言った事があります。

今思うと恥ずかしい事をしちゃったなぁと思うのですが、
そういった楽しい思い出もあるクエストなのです。
そんな訳で、随分前から「一度やってみるといいよ」なんて相方にも言っていたのですが、
なかなか「受けたい」と思うときには受けられないのがこのクエストなんですよね。

幸い私は「街の灯火を守る会会員証」を持っています。
これを持っていると、クエストを受けられる状態であれば、システムメッセージの様に
「街燈ボランティアを探しています」というようなメッセージが流れるのです。

遅い時間帯だった事が幸いしたのか、時間になってから下層に移動したにも関わらず、
相方はすんなりとこのクエを受ける事が出来ました。

ひとつあかりをともして。

ふわっと光る街燈

相方が見ている風景は、一つ一つの街燈がほんのりと周囲を照らし始める・・・そんな街並み。

12本の街燈を全て点け終わり、相方が報告を済ませたのを確認。

相方「報酬って会員証だけ?」
私「そだよ。以前はそれすらなかった」
相方「あははは、本当にボランティアなんだなぁ」

私がNPCに話しかけると、当然あの
「街燈を点けてくれた人に会ったらお礼を言っておいてくれ」という台詞を言われます。

私「ありがとう」
相方「へ?なに?」
私「お礼言っておいてって言われるんだよ」
相方「へぇー、なんかいいなぁ」

全てを終わった時は相方が落ちるにはちょうど良い時間でした。

朝の早い相方は早々にログアウトし、私はどうせなので競売をチェックするからと言って
しばらく相方が照らしたジュノの街に身を置いていました。
PR

2006/02/21 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-まったり
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。