忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/22 06:11 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
その距離、2ガルカ
サンドリアで黒魔道士としてFFをプレイし始めたヒュムさんが、
少し前にLV16になりました。
「次はデジョンかぁ」と私も気になっていたのですが、
やはりご本人も気になっていたみたいで、「デジョン高いなぁ」とこぼす様になりました。

「デジョン」より前・・・「ブレイズスパイク」の時も同じようなことがありました。
その時は本当に初めて間もなくて、いくら「クエストで貰える物だ」と知ってはいても
サンドリアからウィンダスへ行くには少々厳しいものがありました。
私が護衛して行く事も考えましたが、
何より本人が競売で手に入れようと金策に励んでいる事が分かっていたので、
あえてそのまま見ていました。

ですがさすがに今回の「デジョン」は「ブレイズスパイク」の時の様にはいきませんでした。
このヒュムさんをFFに誘ったエルさんも、ヒュムさんの動向を気にしていたみたいで、
気心の知れた人には「デジョン買ってw」なんてふざけて言うヒュムさんを
「近い内にバストゥークまで案内してみようか」と話す事がありました。

そこで、ラテーヌでレベル上げをしていたヒュムさんを誘って、
三人でバストゥークへ向かう事になったのです。
少し怖い砂丘を抜け、コンシュタットでデム石を入手。
北グスタベルグ→南グスタベルグと少しずつバストゥークに向かうヒュムさん。
そしてそれを見守るエルさん。さらにお目付け役(?)の私。

商業区の門が見えて来ました。
ラストスパートをかけるヒュムさんに、
「見えて来たね」
「あと少しだー」という私達。
目の前に迫る入口のところで、エルさんと二人でヒュムさんに拍手。
足をパタッと止め、商業区の入口で立つヒュムさん。

「感慨にでもふけっているのかな?」とエルさんは思い、
「あ、記念撮影でもしてるのかな?」と私は思い、
ヒュムさんの後ろ姿を見つめていました。

「おいおい〜」
突然エルさんが言い出します。誤爆?
「こんなとこで・・・w」

もしや・・・と思い、ヒュムさんをタゲってみます。
普段はほとんど名前を非表示にしている為、「そのこと」に気付くのはいつも遅いのです。
「あと少しなのに」「まったくだねー」

あと少しなのに〜

目的地を目の前にして切断!
その距離約2ガルカ!

きっとご本人も「もうすぐだー」と思って張り切って走っておられた事と思います。
そんな最中の回線切断には、当の本人もビックリだった事でしょう。
ま、とてとてゴブの徘徊する真ん中で
回線が切れた事がある私よりはずっと笑える状況なのでいいですよ。

少ししてから少し照れ臭そうに戻って来たヒュムさんが印象的でした。
新しい街は広くて移動も大変でしょうけれど、
まずは一通り周った頃には、
エルさんが子ミスラに渡すお花をプレゼントしてくれるみたいですよ。
ちょっとでも早くデジョンクエ発生するといいですね。

どちらかと言えばクエは苦手なヒュムさん。
慣れない街でウロウロするのは大変かもしれないけれど、頑張ってねー!
PR

2006/08/25 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-まったり
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。