忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/28 17:36 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
「楽」も積もればなんとやら
エル(戦)さんとタル(白)さん、私(モ)の三人で、
ミザレオのカニと魚でレベル上げに行こうと意気揚々と砂丘側の入り口へ向かいました。
砂丘側から入るとルフェーゼに着くのですが、
目的地のミザレオまでは楽敵などがいる場所を通って行かなければなりません。

危ないかなーなんて思いながら、オークのそばをすり抜けた時でした。
オークに絡まれた瞬間のあの独特の音とターゲットがこちらに来た事を感じる私。

(あーーやっちゃった。でも楽オークだったし大丈夫かな)

「絡まれた」と言いながら、他のオークがいない場所へと誘導。
絡まれた私を助けに二人もこちらに向かっているはずです。
振り返った私に見せ付けられた真実は・・・。
なんかいっぱい来てる!
「ああああ」と言いながら・・・エルさん。
「ごめんー」と言いながら・・・タルさん。

それぞれが好き勝手に絡まれてました。

なーんで全員絡まれるかなぁと、
きっと私だけでなくそれぞれに思ったはず。

タルさんはスリプルを唱えて自分に絡んだオークを寝かせにかかります。
一方でエルさんは絡まれ上等。とりあえず一体倒す事に集中する為、私に手を貸してくれました。

倒そうとしてきた敵は「楽」とは言え、そこは体力豊富なオーク。
削れなくて大変!という訳ではないのですが、かといってサクサク倒せるという訳でもありません。倒しきれずにいたところで、タルさんが寝かせたオークがお目覚め。

事前に挑発を何回か入れておいたものの、それ以上にタルタルスキーだったのか、
一目散にタルさんに向かっていったオーク。
そして・・・

もう一体!もう一体!

「もう一体!」と追加コールをした訳でもないのに、そのオークにリンクしたオークがさらに。
二体に絡まれた状態のタルさんはさすがに耐え切れず最初にドロップアウト。
残された四体との戦闘でラスト一体まで粘ったものの、エルさんと私もアウト。
いくら「楽」でも四体いるとなぁ。いやぁーキツかったです。
オークじゃなければまた違った結果だったかもしれないのですけれど。

私が一度帰還し二人をサルベージする事で立て直し、直接ミザレオには向かわず、
タブナジア地下壕で休息してから改めてミザレオへ。

初っ端からこんな事になってしまい、この後どうなることかと思いましたが、
この後のレベル上げはとてもスムーズに進める事が出来、
レベルアップまであと少しという所まで来ました。
次のレベル上げではいよいよレベル45になれそうです。

にしても、最初に全滅しておくとこれが厄払いとなって、
あとの展開がスムーズというジンクスが、私の周りでは最近よく起こるのですが。
ちょっと困ったジンクスですよね。
PR

2007/02/22 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-ハプニング
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。