忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/20 11:16 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
[ZM]宿星の座
私にとっては半ばレベル上げをしながら進めてきたプロマシアMとは異なり、
レベル75になって進めてきたジラートMは、
想像以上に早い終わりを迎えようとしています。

赤く染まったフロアが不安感を煽ります。

ル・アビタウ神殿のさらに奥にある宿星の座は、
まるでヴァナディールの危機を象徴するかのように赤く染まっていました。

タル白「最初は特に情報なしでいきましょうか」

作戦面などのアドバイスをまとめてくださるタル白さんの言葉にも、
どこか皆気合は入りつつもリラックスしているようにも感じます。
もちろん、それぞれに情報収集はある程度行なって来ているでしょう。
私自身、敵が使ってくる技などは事前にメモをしていました。
「だから大丈夫、勝てる」という事ではなく、
プロM、ジラMとここまで共に進めてきた上での
お互いに対する信頼感というものを感じていました。

ミッションBFにおける戦闘不能時の経験値に関する縛りが
なくなった事も大きいのでしょうけれど、
良い意味で力が抜けて良いなぁと思います。

タル白「でも、一言だけね。急がばまわれ。これ、覚えとくと良いよ」

その言葉しっかり覚えましたよ!

とりあえずはお試しという事もあり、
後衛の方だけリレをかけるということで突入しました。


以降、BF内の画像、ストーリーについて触れています。
攻略についての情報のみで良い方はこちらからどうぞ。
おまえ達はここで終わっちゃえ!

中で待っていたのはエルドナーシュ。
先に対峙していたアルドやザイド、ライオンは、
どうやら身体が動かなくなってしまっているみたいです。

Eald'narche:
神の扉をくぐれば真世界に……、神々の楽園に入れる。
ジラート一万年の夢が、ようやくかなうんだ


その扉を共にくぐりより高い次元の生命体に生まれ変わろうと誘う彼。
もちろんその誘いを受けるわけがありません。

Eald'narche:
ちっぽけでさ、とるにたらない、くだらない存在でしかないよ、人間なんて。
内に闇を抱え込んで、世界をどんどんダメにしていくばかりじゃないか。


まずは壁から倒しましょう

そして、始まったエルドナーシュとの戦い。
何か(人によるとスーパーマリオに出てくるクッパの乗り物・・・らしい)に
飛び乗って両手を広げて操作をする様子にどこかで見覚えが・・・。
あぁ、ちょっとだけ「メルト」の画像に似てるかも?

エルドナーシュの周囲にはタイル状のものが彼を守るように取り囲んでいました。
さらにその脇には玉が二つ浮遊中。
エルドナーシュへの攻撃に先陣を切ったのはエル忍さんでした。
私はタル白さんが言ったことを思い出します。

「急がばまわれ」

(壁、玉、どっちだろ・・・壁だ!)
一瞬迷ったものの、私は壁への攻撃を開始していました。
エル忍さんがエルドナーシュへの攻撃が全然入らないことに気がつき、
すぐにターゲットを壁に切り替えてきました。
玉はタル赤さんを筆頭に後衛の方々が懸命に寝かせてくれていました。
そして、エル戦さんですが、
しばらくの間懸命にエルドナーシュに攻撃を加えていました。
あとで「なんで俺だけダメージはいらないんだーと思ってた」と
悲しげに振り返っていました。

それにしても範囲攻撃が激しい!
その技はどんどん強くなってきて私達を苦しめます。

壁を壊したあとはエルドナーシュへの攻撃開始です。
本体は壁よりずっとずっと弱くて・・・
「勝っちゃうかも?」と話しているうちに本当に勝ってしまいました。

ですが、エルドナーシュもまたRPGのお約束である
「ラスボスは第二形態がある」が適用されます。

二戦目のエルドナーシュはちょっと強い……!

既に音楽が危ない雰囲気になっています。
ここで一度初期位置にもどされるのですが、
クッパの乗り物からおりたエルドナーシュはすぐにこちらに向かってきて
攻撃を開始してきました。
攻撃の通りもとても悪くて・・・ということは、どうしても後衛さんにタゲが
行きやすくなってしまいます。
そのため、いきなりフリーズがタル黒さんに飛んでいったりしていました。

ですが、プロMを越えた私達に死角はなーい・・・とまでは言いませんけれど、
皆が思ったより楽かも?という展開になってきたエルドナーシュ戦。
精霊魔法はやはり通りやすいようで、最後はタル黒さんのブリザドIVでとどめ!

ここからいよいよ終わりに向けてのイベントが始まります。

冒険者によって倒されたエルドナーシュが、最後のあがきとばかりに
不完全なクリスタルラインを稼動させメルトブローを引き起こそうとします。
それを止めようと飛び込んだライオン。
ライオンの決断はクリスタルラインの稼動を止める事に成功しました。
彼女自身という犠牲を払って・・・。

再起動をはかろうとするエルドナーシュのそばに現れたのはイブノイル。

Yve'noile:
ヴァナディールを傷つけることは、あなたの夢見る真世界をも
害する事になるのですよ


消えていくエルドナーシュ。そして、イブノイル。
ヴァナディールは災厄を免れる事が出来ました。

と、こんな感じだったのですが、
実はこの終盤のイベントで私の画面ではちょっとしたハプニングが起こっていました。

戦闘終了間際、私はテラー状態になっていました。
最初は気にしていなかったのです。
画面ではエルドナーシュが最後のあがきを繰り広げているところでしたから。
既に決着が着いている相手とはいえ、
武器を構えて戦闘モード状態であっても違和感など感じません。

でも、イブノイルが出てきたところで「あれ?」と思ったのです。
イブノイルに武器を向ける必要もないのに、私はまだ「かまえる」状態。
エルドナーシュ、イブノイルの二人が消えてもやっぱり「かまえる」。

テラーの罠。

その影響でしょうか。
最後に神殿からザイドとアルドと共に出てくるシーンがあるのですが、
その時の私は直立不動でつつつつつーーーっと前に動いてくるのです。
和服でも着せたらちょっとしたホラーになりそうな移動のしかた。
せっかくのクリア後の余韻にひたっているであろうパーティだったので、
そこでは何も言わなかったのですが、
移動の不自然さのせいで私は笑ってしまってました。

一応、その後こっそりイベントを確認しに行きましたよ。
すると、宿星の座のシーンではちゃんと武器を下ろしているし、
出てくるシーンではちゃんと歩いてました。やっぱりテラーのせいだー。

イベントも終わり、雑談が始まりました。
エル忍「(これ、本当は勝っちゃうの予定外だったんじゃないの?)」
タル白「負けると思ったんだけどなー。壁に攻撃するのは想定外だった」
レア「ヒントがねー・・・玉と迷ったんだけれど」
タル白「わかりやすすぎたか」

タル赤「え!!分かってないの私だけなのか;」
エル忍「急がばまわれってどういう意味だったの?」
タル白「<エル忍>さんは何故本体じゃなくて壁殴ってたの?」
エル戦「はじめずっと本体殴ってたよ・・・」
エル忍「ダメージ0だったから・・・」

エル忍「あー!そういう意味かぁ!」
気付くの遅いよー(笑)

この時にはこの会話には参加していなかったタル黒さんなのですが、
なんと二日くらい経ってから

タル黒
「ねーレアさん、宿星の座のときに<タル白>さんが言ってた
"急がばまわれ"って結局どういう意味だったの?」
レア
「え・・・今頃!?」
という事があった事を付け加えさせていただきます。

さて、ノーグに着きました。
ギルガメッシュには色々とお世話になったので報告しなければならない事があります。
その中には辛い報告もありますが・・・。

既にアルドから報告を受けていたギルガメッシュは、
ライオンのことを知っていました。
「血はつながっていないが自慢の娘だ」というギルガメッシュが涙を誘います。
そして、ジュノのアルドとフェレーナの元へ。
ライオンの事を聞いたフェレーナはショックを受けてしまいます。

Verena:
ライオンねえさんはきっとどこかで生きていると思う
Aldo:
オレたちだけでもそう信じていよう、フェレーナ


イベントの終わりではライオンのことははっきり分かりませんでした。
なので私もフェレーナの希望を信じたいと思います。

とりあえずジラートMも終了しました。
実はまだ完全には完結していなくて、このあとはいくつかのクエストを
クリアした上でミッションが完結するという事になります。
中にはフルアラ前提のクエストもあるので、
それがいつになるかは分かりませんが、完結させる方向で今は考えています。

ひとまず、皆さんお疲れ様でした!


[ZM]宿星の座

構成:
戦/忍、忍/戦、白/黒、赤/白、黒/白、モ/忍

用意した物:
やまびこ薬、毒薬

敵:
Eald'narche(一戦目)
古代魔法、スリプガII、バインガなど。

Exoplates(壁)
フェイズシフト・・・範囲ダメージ・使用毎にダメージ増
ウラノスカスケード:○○・・・範囲ダメージ+バインド
ガイアストリーム:○○・・・範囲ダメージ+ヘヴィ
クロノスリング:○○・・・範囲ダメージ+スタン

Orbital(玉)×2
常に2体召喚されている

玉はスリプル・グラビデ・バインド有効

Eald'narche は Exoplates を倒すことでダメージが入るようになる。
フェイズシフトがかなり脅威です。
Eald'narche(一戦目)の本体はそれほどの強さではありません。
いかに壁を早く倒すかがカギとなります。


Eald'narche(ニ戦目):
古代魔法、スリプガII、バインガなど
ステラバースト・・・範囲静寂+スロウ
ヴォーテクス・・・範囲ダメージ+テラー+バインド
オメガジャベリン・・・単体ダメージ+石化

ブライン有効。

Eald'narcheの移動はワープタイプの為絞りにくいです。
また、物理防御が高くてダメージが入りにくいです。
PR

2008/11/15 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-ジラートM
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。