忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/28 16:13 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
君の為のプロミヴォン-ホラ
初めてのフレンドここに二人の冒険者がいます。
エルヴァーンの戦士さん(以下Aさん)と、
タルタルの戦士さん(以下Bさん)。
お二人はお互い初めてフレ登録を交わした仲なのだとか。

お二人のうちのAさんと私はまったく別の場所で知り合い
フレ登録を交わしました。
そんなご縁もあったからでしょうか。
Aさんから私とタルフレ宛にこんなお願いをされたのです。

「プロミヴォン-ホラのお手伝いをお願いできませんか?」と。

約束の日、アニマ取りを済ませた私は途中からAさんと合流し
早速指定の集合場所へ向かうと、Aさんのお仲間三人が
スタンバイしていらっしゃいました。
召喚士のミスラさん、戦士のエル♀さん、
そして・・・タル戦士のBさん。
挨拶を済ませて、プロミヴォン-ホラへと向かいました。

皆が驚くほど早く最終層に辿りつき、ミスラさんの立てた作戦で突入を試みることになりました。
プロミヴォン-ホラ

私は開始時に「精霊の印」からパライズを入れるという重要な役割。
突入後、準備を済ませて「女神の印」、そして満を持してパライズを入れるとなんとレジスト!
内心めちゃくちゃ焦りましたよ。よく考えれば当たり前なのですが・・・。
あー恥ずかしい。
その後、何もせずにいれたパライズが無事に入ったのでホッとしましたが。
(文中の記述ミスをご指摘いただきありがとうございました〜。完全に勘違いしてましたよ)

印パライズがレジられて焦る私今回、アニマはAさんが持つ「迷」、私の持つ「驚」、
タルフレの持つ「迷」と「驚」の計四つを使用。
これら四つのアニマを戦闘の後半にまとめて使ったことにより、ボスの攻撃のほとんどを封じることに成功。
かなりのハイペースでボスを削っていきました。
結果、6分9秒というなかなかの好タイムでクリア!

タブナジアに飛ばされたAさんを追いかけて再合流。

Bさんによると、Aさんはこのホラで何度か躓いて、
タブナジアまであと一歩の所で足踏み状態が続いていたのだとか。

Aさん「一年待たされた」
Aさん「皆様のおかげです。本当にありがとう」

そう発言するAさんの言葉の向こうに、なんだか照れくさそうに笑いながら
深々とお辞儀をするエルヴァーンの姿が見えたような気がしました。

タブナジア地下壕に着いた時、イベントの為、
エリアチェンジが少し遅れているAさんが来るまでじっと待っていたBさん。
冒頭のSSはイベントを終え、ようやく出てきたAさんを迎えるBさんの様子を
こっそりと撮影させていただいたものです。
そのお二人を近くで見ながら、こういうつながりって本当にいいなぁと改めて思いました。

もちろん、Bさんだけでなくミスラさんやエル♀さんもAさんの到達を
心からお祝いしているのは言うまでもありません。
実際、ホラ突入前に「Aさんを絶対タブナジアに!」と発言される方もいて、
Aさんご自身の人望や、皆さんの結束度も垣間見たような気がします。

AさんとBさんが二人で並んでいるのを見ていると、
ゆっくりと二人でいろんな場所を見てまわるのがいいかなーと思い、
タルフレと私は早々にパーティから失礼したのですが、
あとでエリアを見てみるとミザレオにいらっしゃいました。

後日、聞いた話によると今回の攻略のきっかけを作ったのはこのBさんなのだとか。
そのBさんやお仲間と一緒に、一年かけてようやく来たタブナジアは
Aさんが実際にご覧になってどんな風に映ったのでしょうか。

晴れやかな気持ち
PR

2007/02/18 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-アクティブ!
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。