忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/23 17:45 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
ケアルワルツで楽々
少し前の事になりますが、踊り子でようやく「ケアルワルツ」を使えるようになりました。
あーーー、ここまで長かった!
レベル5でドレインサンバが使えるようになって、
次はレベル10かなーなんて勝手に思っていたら、なんとレベル15。
長かった、本当に長かった。

涸れ谷にて。ケアルワルツ覚えたよー。

タルフレのナイトとのレベル上げ。
ダングルフの涸れ谷にてケアルワルツを初披露となりました。

タル「いいねぇ、ケアルワルツ」
レア「タルフレも早く覚えようね」←タルフレの踊り子は13

「ケアルワルツを覚えると世界が変わるよ」と
踊り子を上げているフレさんから言われていたのですが、
本当にその通りで、回復量もなかなか多いし即時発動なのが本当に助かります。
格下相手ならかなり余裕を持って立ち回れますし、
格上相手でも命中さえきちんと確保できれば、その効果はかなり期待出来そうです。
ソロで楽叩き。格下でもサクサク。

次の目標は、フラリッシュやステップが覚えられるレベル20。
レベルが上がってくると、そのジョブならではの動きがどんどん増えていくので、
面白くもあり、また難しくなってくるところでもありますね。
実は「フィニシングムーブ」なんかもまだよく分かっていません。

アルタナで追加された「踊り子」「学者」は、
どちらもアビリティを発動させるまでが独特で、
当初は公式の説明を見ても「どういうこと?」と何度も読み返したりしました。
(いつも思うのですが、すぐにジョブのことを把握出来る方はすごいと思います)
そんな私にとっては、こうして自分で動かせる事によって、
アビリティの発動のさせ方はもちろんのこと、
なんとなくではあってもそのジョブに向いている事が見えてくる気がします。

特に自分が別のジョブでいる時に
「この<ジョブ>さんはこうしたいんだろうな」といった具合に、
考えられる良いきっかけになっています。

ケアルワルツを覚えてから数日後、今度はソロで楽狩りを敢行。
コンシュタットの南側の通路になっている部分にいるゴブリンを中心に、
ミミズなどを織り交ぜてザクザク狩っているうちに気付けばレベル17へ。
17になってからは北側のエリアに移動して、やはり楽を中心に狩っていると、
あっという間にレベル18になる事が出来ました。

楽相手でしたのでヒーリングをする事も全くなく、
さらに経験値の修正も手伝って、自分でもびっくりするくらいの
ペースで稼げてしまいました。これは楽だなぁ。

ただ、毎回これで上げちゃうと緊張感がなくて飽きてしまうのも早そうです。
個人的には適度な緊張感がある戦いの方が好きなので。
低レベルの時やあとちょっとを稼ぎたい・・・なんて時には、いいなぁと思います。

こうして、目標のレベル20まであと2となった私の踊り子。
そして途中でも少し触れた学者については、
どちらも現在レベル75のジョブであるモンク・白のサポジョブとして、
非常に有効なジョブなので頑張って上げたいのですが、
私の遊び方はその時遊びたいジョブで遊ぶ・・・という感じなので、
思い立ったときにレベルが上がっていくというペース。
サポレベルまで行くまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

だけど、見つめられると「ごめんなさい」と言いたくなるような装備
(中身がスカスカとか・・・)で、ひっそり頑張っている状態の踊り子なので、
そこそこ装備が整うレベル20には早くしたいなぁ。
PR

2008/10/05 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-アクティブ!
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。