忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/28 13:40 | Comments(-) | TrackBack(-) |
トラックバックURL:
コカトリスとチョコボ。
いよいよテレポが見えて来た白の追い込みをかけようとフェローと共にソロムグへ。
せっかくソロムグに来たのですから、やはり狙いは調理で使う「コカトリスの肉」です。
私から見ると、まだまだ「つよ」クラスのTabar Beak(以下、コカ)がいますが、
ラディールさんと一緒ならなんとかなる・・・はず!

コカ肉落とさないかなぁ・・・

コカ肉落とせーと、コカを追い掛け回すラディールさんと私。
時々逆に追われてあせることもあるのが玉にキズなんですけどね。

そういえば、ソロムグと言えば初めて来た時は本当に怖くて、
このコカとSauromugue Skink(以下、ラプトル)が足も速いのでビクビクしていました。
ラプトルです

実はこのラプトルはコカの小型版だと、私はFFを始めてから、
しばらくの間思っていました。

ヴァナにいるモンスターのほとんどは基本となる種があって、
段階的に強い種類のモンスターが配置されています。
ウサギなら、Wild Rabbit → Forest Hare → Steppe Hare・・・といった具合ですね。
ちなみにウサギはBeast(獣)系と呼ばれるカテゴリに属しています。
まぁ、分かりやすいですよね。

問題はこのラプトルとコカなんですが、
私はどちらもLizard(爬虫類)系だと思っていました。
さらに言うと「恐竜系」だと思っていたんですよね。(いやぁ、恥ずかしい・・・)
恐竜系というカテゴリは存在していません。
でも「恐竜系だ」と勝手に脳内で作り上げていました。

もちろん「コカトリス」が他のゲームでは、
鳥(や鶏)のようなルックスである事は分かってましたけれど・・・。
ヴァナのコカトリスは迫力がありすぎて、
どうしてもリザード系(というか、絶対恐竜系!)に見えてしまうんですよね。
ラプトルは予想通り「リザード系」でした。
で、コカトリスはその肉が「鶏肉」と称されることから分かる様に、Bird(鳥)系なのです。
頭の部分をよく見ると、確かにくちばしの下部分には鶏らしいソレがあるんですけどね。
ほら、なんというか全体的なフォルムがね。
ですので、「鳥系」と知った時はかなり驚きましたねぇ。

つまり・・・

コカとチョコボは親戚同士

コカトリスとチョコボは親戚同士って事ですね!

冒険者にとっての「安全面」では随分違いますけれどね。

あ・・・でも最近は迷子のチョコボも沢山いるようですし、
そのうち大量の野良チョコボの発生で野生化することもあるかもしれませんよね。
「黒チョコボ」といった絶滅したらしいのに「黒チョコボの羽根」が
売られている不思議もある事ですし、FF12では普通に野生のチョコボも登場していましたからねぇ。
いずれチョコボの育成も可能になるそう(「FFXI Creator's voice Z」より)なので、
色くらいなら育成の過程で変わっていくかもしれないですよね。

ヴァナの鳥類にはお世話になっている冒険者は多いと思いますが、
この先、ますます身近なものになっていきそうですね。

でも・・・やっぱりコカトリスについては鳥に見えない私なのでした。
PR

2006/04/30 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | [FFXI]-その他
トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する







トラックバック


<<最近の記事 | HOME | 過去の記事>>

忍者ブログ[PR]


2005-2009 レア@[FF11]-まったり行こうよ!
Copyright © 2002-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標,もしくは商標です。